頭で覚えていることを整理して、『頭は空っぽ』にするためのブログです

城崎温泉に行ってきました(温泉街散策編)

鴻の湯前 町並み
【広告】    

前回の記事では、伊根町にある道の駅 舟屋の里までの旅行記を書きました。

⇒ 京都木津温泉 丹後の湯宿ゑびすや ~ 伊根町道の駅舟屋の里 旅行記

そこから車で約2時間走らせて、城崎温泉まで行ってきました。

 

自宅へ帰るまでをどうやって過ごすか?となったときに、

子供が車で寝るだろうから風呂は入っていきたいなあとなったんです。

そうなると、やっぱり温泉に入るしかないでしょう。

 

というわけで、城崎温泉にも行ってみようということになったわけです。

城崎温泉で少し街を散策したので、そのレポートを書きたいと思います。

城崎温泉マップ

城崎温泉マップ

クリックして拡大表示

城崎の温泉街は結構広いです。

端から端まで歩くには、30分~40分ほどかかるのではないでしょうか。

ですので、車で行った場合の駐車場は、マップの中ほどにある公営駐車場がオススメです。

ただし、混んでます。

 

僕は、今回一番端っこにある「鴻の湯」前の駐車場に停めました。

ここから歩くとなると、中ほどのお酢やせんべいのお店がある場所までしか歩けませんでした。

子供もいてしんどかったので。。。

【広告】

温泉たまごは最高!

車を鴻の湯前に停めてすぐに目に入ったのが、温泉たまご!

これは食べておかねばということで、行きました。

お店で卵を買って、外にある温泉に自分で浸けて、頃合いを見計らって取り出す。

温泉たまごをゆでるところ

そして、食べる。なかなか楽しいですぞ。

出来上がりは、こんな感じ。とろとろの白身と黄身が甘くておいし~い。(^^)

温泉たまごできあがり

温泉街を歩く

温泉たまごを食べ終えたところで、散策を開始しました。

温泉たまごの横には、元湯(源泉?)があります。

城崎温泉 元湯

 

さて、中心街へ歩いていくと、立派なお寺のような建物を発見!

これは、外湯の1つ「御所の湯」です。

ちなみに入浴料は、「鴻の湯」よりも大人200円、子供100円高いんです。

御所の湯

 

またてくてく歩くと、新しい雰囲気の何やら気になる建物を発見。

というわけで、レッツゴー。

木屋町小路

 

中に入ると、おせんべい屋さんやらお酢屋さんやらがありました。

こちらはお酢屋さん。

お酢屋さん

 

店の中はお酢がズラ~~。

2013_08_11_0123

 

お店の中でジュースを買ってみました。

お酢は3種類の中から1つ選んで、それを割るためのフルーツジュースの種類も選ぶというシステムです。

僕は、マンゴーにトマト酢の組み合わせにしてみました。

マンゴー+トマト酢

 

トマト酢って始めて飲んだのですが、トマトの味がしっかりしていて酸味もきいています。

さっぱりして美味しかったです。

というわけで、お酢を購入して帰りました。

さいごに

今回散策した場所は、上にあるマップに場所をマークしていますので、よかったらご参考に。

温泉街の道は狭く、外湯めぐりの人がいっぱいいますので、車で行くときはゆっくりと走行してください。

次回は、鴻の湯の温泉レポート『城崎温泉に行ってきました(温泉入浴編)』です。

お楽しみに!

    【広告】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ランキングに参加しています

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

アーカイブ