頭で覚えていることを整理して、『頭は空っぽ』にするためのブログです

いびきの原因は何か?そのメカニズムと対策を解説!!

ポイント
【広告】    

ある調査によると眠っているとき、約70%もの人がいびきをかくというデータがあるそうです。

そんなに多くの人がいびきをかいているのか!!と、びっくりしました。

 

ということは、予想以上に多くの人がいびきで悩んでいるのでないかな?と思ったので

いびきについて調べてみました。

そして、どうやったらいびきを軽減できるのか?についても考えてみました。

 

いびきは病気を引き起こす

いびきというのは、周りの人に迷惑だとか恥ずかしいとか、

気持ちの面で語れることが多かったように思います。

でも、あなたもご存じかと思いますが、最近ではいびきが引き起こす病気が注目されていますね。

 

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

 

ほとんどの方が聞いたことがあるのではないでしょうか。

電車やバスの運転手が睡眠時無呼吸症候群により事故を起こしたと報道されてから

かなり注目を浴びましたね。

 

SASは、いびきが引き起こす代表的な病気ですが、

他にも高血圧、脂質異常症、うつ病、糖尿病という恐ろしい病気とも関連があるそうです。

 

あるデータによると、いびきをかく人は、いびきをかかない人に比べて

脂質異常症の発症リスクは、なんと!3.2倍もあるそうです。

高血圧なら、2.4倍とかなり高いですね。

 

それだけ、いびきというのは危険性があるということがわかるかと思います。

【広告】

いびきの原因

では、いったいなぜいびきをかいてしまうのでしょうか。

 

いびきの原因は、

寝ているときに空気の通り道が狭くなってしまっていることです。

枕の高さやストレス、体調不良など因果関係はいくつかあるようですが、

空気の通り道が狭くなることが問題なのです。

 

実は、私もいびきをかいてしまうのですが、

いびきをかくときは必ず口を開けてしまっていますね。

 

口を開けて寝ている人は、ほとんどいびきをかいています。

それは、口を開けることで空気の通り道が塞がれてしまうからなのです。

いびき対策のポイント

空気の通り道が狭くなってしまうことが問題だと判れば、対策はカンタン。

寝ているときでも空気の通り道を広く確保してあげればいいのです。

 

私の嫁も、いびきかくんです。(笑)

そのとき、口が開いているので、口を閉めてあげました。

すると、なんと!! いびきが止まるのです。(笑)

 

口を閉めるためには、私が手で口を押えてあげないといけないのですが、

それはさすがに夜中ずーっとできませんので、この方法は却下です。

でも、理屈はそういうことなんです。

 

あと、横向きで寝るということも試しました。

空気の通り道(気道)が狭くなるのは、舌が重力によってのどに落ちてしまうからです。

だから、横向きになれば落ちないんじゃないかと考えたのです。

 

これは正解でしたね。

実際にいびきが止まりましたから。

 

でも問題があります。

そう。ジッと横向いたまま寝てられない。(笑)

 

だから、眠っている間、いかにして気道を確保できるか?

これが対策のポイントになるというわけなんです。

そして、これを解決できそうなアイテムが枕なのです。

いびき対策を実行しよう!

例えば、この枕。

⇒ 全額返金保証付き!【たった30秒!いびき対策専用枕!】

仰向けでも横向きでも気道をしっかりと確保してくれる構造設計になっているんです。

そして、寝返りをしても気道が確保し続けられるように

3~5秒で元の形にもどるように反発力をも設計しているのです。

 

理論上、どんな姿勢で寝ていても気道を確保できるようになっているので、

いびきの原因を取り除くことができる。

だから、いびきにならないとこういうわけです。

 

気道を確保さえすれば、いびきが止まることは体感的にわかっているので

それをサポートしてくるのは、枕しかないのかなと思います。

利用者さんの感想も掲載されていますので、もしご興味があれば見てみてください。

⇒ 家庭内別居!旅行への不参加!夫婦間のギクシャク!結婚できない理由!これで解決!【たった30秒!いびき対策専用枕!】

    【広告】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ランキングに参加しています

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

アーカイブ