頭で覚えていることを整理して、『頭は空っぽ』にするためのブログです

四十肩の原因と治し方を調べて分かったこととは?

ストレッチ
【広告】    

前回の記事で、肩こりの根本原因とその治し方について書きました。

まだ読んでない方は、コチラからどうぞ。

⇒ 肩こりはストレッチでは治らない!?誰も知らない意外な原因とは?

 

で、その記事の冒頭に「四十肩」と書いたんです。

自分も他人事じゃない年になったなあと思いつつ。(笑)

 

なんで四十肩になってしまうんやろ??と疑問に思ったので、

ちょっと調べてみました。

ついでに治し方も一緒にまとめておきますね。

四十肩・五十肩の原因とは?

四十肩というのは、もともとは五十肩という言葉が先にできていたそうです。

昔の古い文献には、五十肩と記されているようです。

それがどうして四十肩と言われるようになったのかはわかりませんが、

いずれにしてもどちらも同じ症状を表しています。

 

四十肩というのは、正式には「肩関節周囲炎」という名前です。

読んで字のごとく、肩関節の周りで炎症を起こしてひどい痛みに悩まされるのです。

 

そして、残念なことにはっきりとした原因は不明なんだそうです。

肩こりは疲労が蓄積して血液循環が悪くなって起きるのに対して

四十肩は筋肉や関節などで起きる炎症なのです。

なので、肩こりと四十肩はまったく性質が異なります。

【広告】

四十肩・五十肩になりやすい人とは?

40代後半の人に起こりやすいという以外は、男女間の違いも運動習慣による違いもないんだそうです。

意外ですね。

男性の方が多いのかなあというイメージを持っていましたが、違うんですね。

 

また、利き腕がなるというイメージがあるかもしれませんが、

これも違うようです。

利き腕ではない方の肩でも四十肩になるそうですよ。

 

さらに、過去に野球や仕事で肩を痛めたことがある人は、

四十肩・五十肩は治りにくいという傾向があるようです。

 

四十肩になると、夜に激しい痛みに襲われて睡眠もとれなくなることもあるそうですので、

四十肩・五十肩にならないように予防したいものですね。

四十肩・五十肩の予防と治し方は?

人間は加齢とともに体が硬くなりますので、普段から無理せず体を動かしておくことが必要だそうです。

肩周りは、ゆっくりと回したり伸ばしたりというストレッチをしておくことが

四十肩・五十肩の予防にもなるそうです。

 

また、症状が出た後にこれを治すためにも

やはり適度な体操というのが効果があるようです。

 

痛いのを我慢してやるのは厳禁ですが、

少しずつ可動域を広げるような体操をするのがいいようですね。

肩の痛みに効果があると言われている体操は、こちらで紹介されています。

⇒  ★1日10分から始める、肩の痛み改善自宅トレーニング法とは?

 

私も40歳になり、こういう話が少しずつ身近になってきました。(笑)

みなさんも普段から体には充分気をつけていただき、

健康的な生活を送っていただきたいものです。

 

【参考サイト】 「四十肩・五十肩を克服しよう」(セルフドクターネット)

    【広告】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ランキングに参加しています

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

アーカイブ