頭で覚えていることを整理して、『頭は空っぽ』にするためのブログです

阪神2軍の試合を甲子園球場で20倍楽しむ方法!!【試合観戦編】

阪神2軍試合前のグランド
【広告】    

2016年5月4日に阪神掛布2軍監督を見るために甲子園に行ってきました。

その観戦記をまとめています。

 

試合開始前までの情報は、前回の記事を読んでくださいね。

⇒ 阪神2軍の試合を甲子園球場で20倍楽しむ方法!!【試合開始前編】

 

1軍の試合とは、まったく趣の違う2軍の試合。

ある意味、2軍の方が純粋に野球を見られるのかもしれません。

応援団はいません

まず、最初に思ったのが応援団がいないということ。

通常は外野席に応援団が陣取っているのですが、そもそも外野席は開放されていません。

2軍には応援団は来ませんので、当然鳴り物はないということです。

 

みんながまとまって応援をするという日本独特のスタイルは、ここではありません。

その代わり、野球の音が聞こえてきます。

阪神2軍試合の様子

阪神先発は守屋

 

ピッチャーのボールを受けるキャッチャーミットの音。

真っ芯で捕えたときのバットとボールのぶつかる音。

選手の「オーライ」という声。

審判のストライク、ボールの声。

 

野球の音がこれほどまでよく聞こえるというのが、とても新鮮でした。

それと審判があんなに大きな声でコールをしているのがわかったことも驚きでした。

お腹から声を出しているというのがよくわかりました。

審判の方も、そういう練習や努力をされているのでしょうね。

 

鳴り物入りの応援も悪くありませんが、こういう野球の音が聞こえる環境で

野球を観戦するというのは、とても心地よいものですね。

【広告】

7回裏の風船飛ばしもありません

1軍のようなイベント色は薄いのが2軍です。

だから、7回裏のジェット風船飛ばしのためのファンファーレもありません。

 

それでもジェット風船を持ってきて膨らませている人が、チラホラいました。

ファンファーレがなかなか鳴らないので(鳴らないんですけど)、

どのタイミングで風船をとばしたらいいのか、ものすごく戸惑っていました。(笑)

 

最後は、適当なタイミングでぴゅーってやってましたけどね。

これほどのお客さんが風船を上げてしまうと、

グラウンド内に落ちた風船を拾わないといけません。

 

でも、2軍の試合にそれほど人は手当できませんからね。

そういう事情があるんじゃないでしょうか。

スコアボードのリプレイもない

あとですね、1軍の試合だったら選手が打った後にリプレイをやってくれたりしますね。

そういうことは一切やりません。

なので、より一層しっかりと見ておかないと、見逃すことになりますよ。

 

ファールボールも飛んできますからね、充分注意していただきたいです。

観戦中は絶対にボールから目を離さないことが大切です。

ヒーローインタビューはあった

観戦した5/4は、8-1で阪神の勝利!

掛布2軍監督の甲子園初勝利となりました。

阪神2軍勝利のハイタッチ

掛布2軍監督の31番が光るハイタッチのシーン

 

通常、2軍ではあり得ないヒーローインタビューが5/3~5/5に限ってはあるんです。

この日のヒーローは、ヘイグ選手!!3安打の活躍でした。

どれも良い当たりばかりで、しっかりとボールを捕えているという印象でしたから、

良い状態でいるのではないでしょうか。

阪神2軍史上初のヒーローインタビュー

阪神2軍史上初のヒーローインタビュー

 

ちなみに2軍でのヒーローインタビューというのは、史上初とのことでした。

掛布2軍監督になったことが影響しているのでしょうけど

ファンにとっては楽しいイベントでした!!

まとめ

いやあ、楽しかった。

2軍でも勝ったのが良かったですし、次に1軍に上がる選手は誰だろう??

って思いながら見てるのが、楽しい。

 

何より、野球好きの私としては野球の音が聞こえるのがよかったです。

鳴り物で応援で騒ぐのもいいけども、私はどちらかというとじっくり野球を見たいタイプ。

そういう意味では、とても満足できる環境でしたね。

 

2軍の試合も一度は行ってみてはいかがでしょうか?

いろんな新しい発見があると思いますよ。

【関連記事】阪神2軍の試合を甲子園球場で20倍楽しむ方法!!【試合開始前編】

    【広告】

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ランキングに参加しています

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

アーカイブ