頭で覚えていることを整理して、『頭は空っぽ』にするためのブログです

ザ・リッツ・カールトン京都宿泊記~ガーデンテラススイート編~

リッツカールトン京都スイートルームリビング
【広告】    

2017年の1月に結婚10周年記念としてザ・リッツ・カールトン京都に宿泊してきました。

思いがけずガーデンテラススイートというスイートルームにも泊まることが出来ました。

実に、素晴らしい体験でした。

その体験をじっくりとレポートしたいと思います。

ガーデンテラススイートの全貌

ザ・リッツ・カールトン京都は何でも京都で一番高いホテルなんだそうです。

スイートルームよりもランクの低いラグジュアリールームのプランでさえ

1人10万円以上かかるんです。

今回はラッキーなことにガーデンテラススイートに泊まることができました。

 

ラグジュアリーは、ワンルームにベッドやリビング、バスルームがある構造ですが、

スイートは違います。

それぞれが独立した部屋ですごーーく広いんです。

 

まず、部屋に入ったらすぐにリビングがあります。

リッツカールトン京都スイートルームリビング

部屋に入るとそこはリビング

 

リッツカールトン京都スイートルームリビングからの景色

リビングからの景色

 

そして、入口ドアの左手にはソファが置いてあります。

リッツカールトン京都スイートルームソファ

リビングテーブル側から見たソファ

 

リビングから左手に進むとバスルームがあります。

リッツカールトン京都スイートルームバスルーム

手前と奥に2か所の洗面台

 

リッツカールトン京都スイートルームバスルーム入口

浴室の入り口

 

リッツカールトン京都スイートルーム浴室

すのこは檜な浴室

 

そして、バスルームから部屋を見渡すとその広さが実感できます。

一番奥がベッドルームですが、遠いですね。(笑)

リッツカールトン京都スイートルーム室内

手前からバスルーム、リビング、ベッドルーム

 

ベッドルームに行ってみましょう。

こちらにはキングサイズのベッドがありました。

リッツカールトン京都スイートルームベッド

2人でも広々と眠れるキングサイズ

 

ベッドから外を眺めると、テラスがあります。

1月とめちゃくちゃ寒い日だったので、さすがに5分といられませんでしたが、

初夏などの季節であれば、コーヒーを飲んだり、読書をしたりと

優雅に時間を過ごすことができるでしょう。

リッツカールトン京都スイートルームテラス

ベッドルーム外にあるテラス

 

リッツカールトン京都スイートルームテラスから望む日本庭園

テラスから望む日本庭園

 

最後にベッドルームにあるクローゼットです。

リッツカールトン京都スイートルームクローゼット

ウォークインクローゼット

 

これがガーデンテラススイートの全貌です。

細かいところはお伝えしきれませんが、だいたいの雰囲気は伝わるのではないかと思います。

【広告】

ガーデンテラススイートで過ごした感想

不思議なもんで、こういう高級なホテルの良い部屋に泊まると

すごく時間がゆったりと流れているように感じるんです。

そして、自分のレベルが非常に高くなったように感じるんです。

それほど優雅な気持ちになれるんですね。

 

宿泊プランについていたウェルカムドリンクのシャンパンを飲みながら読書をして、

物思いにふけるということが実に心地よかったです。

普段ならしない時間の過ごし方ができたのが良かったし、

またそうしたいと思わせる雰囲気があります。

 

あまりスイートに泊まった経験がないので

ここまで広い空間が必要なのか??って思うことが多々ありました。

でも、この広い空間が気持ちの余裕を生み出してくれるんだなと実感しました。

自分の意識を高いステージに持ち上げてくれるということにおいて

広い空間であることの意味、必要性があるんだと理解しました。

 

不思議なくらい気持ちの余裕ができて

ゆったりと穏やかな気持ちになれた自分がいることに気づいたのです。

スイートルームで時間を過ごすべき

旅行と言えば、何か時間に追われてあそこもここも行きたいという

欲求を満たすことに目を奪われがちです。

でも、本来はゆったりとした自分を取り戻したり、

あるいは新しい体験、知見、または刺激を受けることではないかと思います。

 

であれば、ゆったりとした自分を取り戻すために

喧騒から離れて静かに過ごすということはあってもいいでしょう。

そして、スイートルームはその目的に対して非常に有効な選択です。

 

もちろん、料金は高いので

誰でもおいそれと泊まるわけにはいきません。

でも、たまに夫婦でそういう時間を過ごすのもいいのではないでしょうか。

いや、むしろ必要なのかもしれません。

 

スイートルームでいただく朝食は最高です。

朝食については、次の記事で紹介したいと思います。

 

⇒ ザ・リッツ・カールトン京都の宿泊プラン一覧

 

全国のホテル宿泊記一覧へGO!!

    【広告】

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ランキングに参加しています

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

アーカイブ