頭で覚えていることを整理して、『頭は空っぽ』にするためのブログです

デジタル一眼レフを初めて使ってわかったこと

青い花
【広告】    

先日、デジタル一眼レフの初心者向けにおすすめされたカメラを購入しました。

⇒ 一眼レフ初心者用におすすめされたCannon EOS Kiss X5を購入した理由

⇒ Canon EOS Kiss X5(一眼レフ)を買ったので開封の儀とやらをやってみた

 

その後、なかなかカメラを持って出かける時間が取れなかったのですが、

この日曜日に龍神温泉に行って、初めてカメラを使ってみました。

⇒ 龍神温泉にドライブに行ってきました

一眼レフで写真を撮ったら意識が変わった

これまで一眼レフでなくても、普通のデジカメやらスマホで写真撮れるんやから、

別にいらんやんと思ってました。

ところが、全然違うんですね。一眼レフで写真を撮ってみて初めてわかりました。

 

何が違うか?

カメラを構えてカシャッと撮影した時の快感が違います。(^^;

デジカメでは味わえない独特の快感がありました。

思わず何枚もシャッターを押してしまいました。

指が止まらないんです。

 

これは、デジカメで写真を撮っている時には絶対になかったことです。

デジカメなら1枚撮ったら終わりです。

なぜ、カシャカシャ撮りたくなるのかというのは、はっきりわかりませんが、

「俺ってかっちょいい〜」というようなある種の恍惚感があったようにも思います。

【広告】

撮れた写真も違うぞ!

一眼レフで撮った写真を見ると、やっぱり違うんですね。

ビギナーの僕が撮ってもモデルさんの写真みたいになっていたり、

花を撮ってもプロっぽく見えたり。こんな感じで。

黄色い花

龍神温泉途中の道の駅

これって自分だけが思うことかなあと思いつつ、なかなかのできばえに自画自賛って感じです。

結局、一眼レフの楽しみって、そういうところかなあと思います。

つまり、写真を撮ることが楽しくなるカメラであるということですね。

デジカメやスマホとも違いは?

デジカメとかスマホって、常に持ち歩けるので、日々の気づきやメモ代わりに日常を気軽に撮れるんですね。

一眼レフは、そうではなくて写真を撮ることそのものが楽しくなるカメラだということがわかりました。

まさに趣味ですね。

 

初めて触った僕でさえ、もっと広角に撮りたいとか、周りをぼかした写真を撮ってみたいとか

欲求が出てくるくらいなので、初心者でも楽しいと思える、わりと入りやすい趣味だと思います。

デジカメは趣味というものではなく、一眼レフは趣味になるものだとあらためて思いました。

もっと写真を撮りたい!

一眼レフを持つともっと写真を撮りたくなりました。

そのためにも、もっと出かけようという気持ちになります。

家にずーっといるのではなく、積極的に外に出ようという気持ちになれる効果も実感しました。

 

僕のように無趣味だった方は、夏休みに一眼レフデビューってのもいいんではないでしょうか。

ちなみに、僕が買った初心者向け一眼レフはこちらです。

    【広告】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ランキングに参加しています

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

アーカイブ