頭で覚えていることを整理して、『頭は空っぽ』にするためのブログです

ブログの過去の記事を振り返ってモチベーションの作り方を考える

【広告】    

このブログを立ち上げてもうすぐで6か月になろうとしています。

時々、自分のブログを読み返しているのですが、おもしろいですね。

時系列に読み直してみると、その時々に自分が何を考えていたのかわかるんですから。

過去の記事を振り返ってみて

これまでに書いた中で、「ブログを書く」ということをテーマにした記事をいくつか振り返ってみました。

これらが読み返した記事です。

1. 「なぜブログを書くのか?」その目的について考えてみた

2. ブログを書くことにどんな効果があるのか?考えてみました

3. ブログを書き続けるモチベーションを維持するために必要なこととは?

4. ブログを書くメリットとは?

5. 頭は空っぽ!ブログ 100記事達成をして思うこと

 

振り返って気付いたことを簡単に述べますと、

1と2と3では、ブログを書く目的を内側に置くべきだと言っています。

自分の知識をまとめておくためにブログを書いていて、

アウトプットすることによる学習効果が得られるというメリットがあるということも行っています。

 

4では、ブログを書き続けることで起きた変化について言及し、

そのことがモチベーションの維持というよりも、楽しいということに気づき始めたことを示唆しています。

5では、アクセス数をモチベーションに置いていると言っていて、達成感が感じられるとも書いています。

【広告】

ブログを書くことに対するスタンスの変化

1~3の記事を書いていたころというのは、まだブログを書くことに義務感を持っていたように思います。

「これをやるといいことがあるからやらないといけない。」

そんな気持ちだったんだなと、読み返してそのように思いました。

 

ところが、4の記事を書いていた頃(このブログ開設からちょうど4か月のとき)には

楽しいという思いとともに、書くことが普通になってきているという感覚が出てきました。

 

ここが大きな変化点ですね。

「やらないといけない」という感覚がなくなってきています。

その代わりに「やりたいからやっている」という感覚になってきています。

モチベーションの維持はどうか?

やりたいからやるというスタンスになってくると、モチベーションは関係なくなりますね。

確かに5の記事では、アクセス数がモチベーションだと書いていますが、

達成感という意味でのモチベーションですね。

 

つまり、読んでもらっているという実感が持てるのはアクセス数ですから、

より多くの人に読んでもらっていることがわかる指標は励みになるということです。

 

モチベーションがどうこうと言っているうちは、本当に自分の中に入り込んでいないんだなと思いました。

やる前に考えないと行動できない、すなわち無意識でできるようになっていないということです。

無意識でできるようになれば、モチベーションは必要なくなります。

心臓は無意識で動いていますが、そこにモチベーションは要らないですよね。^^;

 

ブログを書くスタンスという意味では、肩肘張らず、思うままに書けばいいんだと感覚的に思います。

身構えてやらねば!という気持ちでは、続かないんでしょうね。

 

でも、その気持ちを無くすためには、自然体で無意識でできるようになるまで、

ある程度続けないとできないんです。

そこがまた難しいところでもあります。

    【広告】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ランキングに参加しています

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

アーカイブ