頭で覚えていることを整理して、『頭は空っぽ』にするためのブログです

ブログ記事に目次を自動生成するWordPressプラグインを導入してみました

テキスト
【広告】    

Table of Contents Plus(TOC+)という名前のプラグインを導入してみました。

このプラグインは、ブログ記事に目次を自動で付けてくれるという、なかなか便利なやつです。

H1からH6を認識して見出しを生成する

このプラグインは、H1からH6のタグが設定されいている文字列を使って

自動的に目次を作ってくれます。

この記事でも見出しの上に出ているかと思います。

 

H1からH6タグ全てを目次にするというわけではなく、

どのタグを目次に表示させたいかということは任意に選べます。

このブログでは、H3とH4タグだけを目次にするように設定してみました。

 

目次を表示する位置は、最初の見出しの直前/直後、記事の先頭、最後が選べます。

または、任意の位置に差し込むということもできます。

【広告】

個別記事や固定ページ、サイトマップも作れる

個別記事の目次作成はもちろん、固定ページにも表示させることができます。

さらに読者のためにサイトマップを作成機能もあります。

サイトマップは必要かなあという気もしますが、欲しいという方には嬉しい機能でしょう。

 

どのページにどのように表示させるかということが、結構細かく設定できるので

自由度が高いプラグインだと感じました。

そういう点で使い勝手がいいなと思いました。

 

なお、見出しの数がいくつ以上なら目次を表示するという設定ができるため、

見出しの数が少ない場合は、目次は生成しないようにすることが可能です。

ちなみに、このブログでは見出しが3つ以上あるときだけ目次を表示するように設定しました。

まとめ

ブログ記事を書くときに読みやすさということは注意をしているつもりです。

だから、見出しはこまめに付けるようにしているし、

見出しを追っかければ話の流れがわかるようにもしているつもりです。

 

その点からも記事の目次があれば、話の流れが俯瞰できるようになるのでいいですね。

でも、いちいち目次を作るのは面倒です。

そういうもどかしさを埋めてくれるのが、このプラグインかなと感じました。

 

詳しい使い方は、こちらの記事が参考になります。

http://netaone.com/wp/table-of-contents-plus/

Table of Contents Plus – 記事の目次を自動生成するWordPressプラグイン|ネタワン

    【広告】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ランキングに参加しています

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

アーカイブ