頭で覚えていることを整理して、『頭は空っぽ』にするためのブログです

2020年五輪(オリンピック) 東京開催が決定!

【広告】    

2013年9月8日の未明にIOC総会で2020年の五輪開催地投票が行われ、

東京に開催地が決定しました。

誘致に関わった方々の努力と苦労が報われた瞬間だと思います。

おめでとうございます。

 

しかし、この決定は手放しで喜べることなのでしょうか?

あえて五輪開催の問題点を考えてみたいと思います。

【Yahoo!ニュース】 <20年五輪>東京開催が決定 56年ぶり2回目

治安は大丈夫か?

まず第一に懸念されるのが、海外からの観光客の大幅な増加に伴う治安の悪化です。

外国人だから悪いことをするということを言うつもりはありませんが、

やはりマナーやモラルという点では日本人に勝てないと思うのです。

 

特にサッカーの試合で勝ち負けが決まったときに興奮したら、何をするのかわからないところがあります。

ワールドカップの試合を見ていれば、容易に想像がつきます。

試合前後の警備体制がよほどしっかりしていないと、収拾がつかなくなるのではないと懸念しています。

【広告】

財政面の問題

今の日本にオリンピックにつぎ込むお金があるのでしょうか?

それほどのお金があるのであれば、なぜ東日本大震災の被災者の方への復興支援に使わないのでしょうか?

すごく疑問です。

 

日本の経済が上向いているという実感は持てていないという人が多いのではないでしょうか?

それほどのお金があるなら、幼児保育の充実、介護者負担の軽減など山積する課題に使うべきと思うのです。

 

今年も、電気代やガス代が払えず食べるものも食べれず、餓死して発見されるという

痛ましい事件が起きています。

そういう方々への支援はできないものでしょうか。

なぜオリンピック開催なのか?

そもそも、なぜ東京でオリンピックを開催せねばならないのか?

国内への周知が足りないような気がします。

 

僕自身、スポーツが大好きですので、時差のない都市で開催されることは歓迎ですし、

ひょっとしたら生で観戦できるかも?という期待はあります。

しかし、説明が充分にされているかというと、そうではないような気もするのです。

どういうコンセプトでどういう意図でオリンピックを開催するのか考えておくことかなと思います。

オリンピックへの期待

とはいえ、決定したことですし、東京でトップアスリートのパフォーマンスが見られることは

ワクワクすることです。

 

特に子供に対して夢を与えるという点では効果が大きいと思います。

目の前でオリンピックを見たから、将来自分もオリンピックを目標にしようという子供が

出てくるにちがいありません。

ホンモノを見せられるということは、ホンモノの夢を持つことができるチャンスなのです。

 

やるからには、ぜひ素晴らしいオリンピックにしてもらいたいですし、

記憶に残る五輪であってほしいと思います。

ぜひ日本の力を世界へ見せていただきたい思います。

 

    【広告】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ランキングに参加しています

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

アーカイブ