頭で覚えていることを整理して、『頭は空っぽ』にするためのブログです

GTD収集の心得 タスクのダブりは気にしない!

青空
【広告】    

久しぶりのGTDネタです。

最近、仕事が多くなりすぎて、タスク漏れが怖いなあと思っているところです。

なので、タスクはひたすらメモをしておいて、1日が終わる前にToodledoに入れるようにしています。

タスクが漏れることは怖い

仕事をやっていくうえで、最も怖いのは「あ。忘れてた」です。

自分が忘れてしまっていることもあるし、仕事を任せた人が忘れてしまうこともあります。

 

納期ギリギリになって思い出せればいい方で、納期を過ぎてから

「あ!しまった!!」ということもありますよね。

やるべきことを忘れていたら、周りも巻き込んでの大騒動にもなりますし、

精神衛生上よろしくありません。

何より、必ず迷惑をかけてしまう相手がいます。

 

だから、タスクが漏れて忘れ去られてしまうということは、最も危険なことだと思うのです。

【広告】

タスクが漏れるよりダブる方がよい

じゃあ、どうするかというと、GTDの記事でも書いたように

ひたすらタスクを集めておくわけです。

【参考記事】 GTDの収集作業で頭を空っぽにできていますか?

【参考記事】 ToodledoでGTDを実践! 忙しいときほど収集が大切ですね

 

頭の中にあるタスクをひたすらタスク管理ツールに放り込むわけです。

そして、メモも忘れてはいけません。

思いついたらメモしていると、メモが散在していますので、確実に集めることが必要なんです。

 

で、そのときにタスクがダブるということが起きます。

タスクを集めているときに、既にタスク管理に入っているのだけども

また頭に思いついてしまい、「あれ?これって既に入っているでのは?」と思うことがあるんです。

 

しかし、これは気にしてはいけません。(というのが、この記事の本題です。)

タスクを集めるときには、前に入っているとか気にしてはいけないんです。

そんなことに気を取られると、タスクを集める作業が止まってしまうからです。

 

ダブっているタスクは、あとで整理するときに見つかるので

そのときに削除すればよいのです。

最も怖いのは、タスクが漏れることですから、

ダブることを気にせずひたすら集めておくことが大切です。

覚えておくことに頭は使わない

気になることは外に追い出すというGTDの趣旨から考えると

ダブろうが何しようが、頭に浮かんだことは、とにかく外に出すべきですね。

そうしないと、頭の中でモヤモヤします。

 

頭を覚えることに使わないことが大切で、

その分、新しいことを生み出すことに使うべきなんです。

それと、2回も3回も思い出すタスクというのは、それほど重要だということだと思います。

 

GTDについては、こちらのページでまとめています。

よかったらどうぞ。

⇒ メモ術/GTD/スケジュール管理を組み合わせて実現するタスク管理術

    【広告】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ランキングに参加しています

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

アーカイブ