頭で覚えていることを整理して、『頭は空っぽ』にするためのブログです

やるべきことを100%忘れないためのコツ

【広告】    

このブログでは仕事のことを書いてこなかったのですが、

やはり1日の大半は仕事をしているわけですから、いろいろとネタは潜んでいるんですね。

というわけで、ライフハック的な記事も書いていこうと思います。

ひたすらメモを取る

今の仕事は、ITシステム関連の導入を一気に進めるために

7つのプロジェクトを同時進行させるということをやっています。

こういう状態になると、何が起こるかというと、毎日平均して4~6時間の会議が発生し、

かつやるべきことが毎日どんどん発生するということになります。

 

当然、頭で覚えているだけでは忘れてしまうので、ただひたすらにメモを取るということをせねばなりません。

とにかくメモを取っておいて、あとで整理するのです。

しかし、やみくもにメモを取っておくだけでは、整理するときに大変になるんです。

 

何が大変かというと、例えば会議で話して出てくる結論は2つに大別されます。

1つは決定事項で、もう1つはやらないといけないこと(Todo)です。

Todoは、すぐにやらないといけないこともありますが、会議で取ったメモからTodoだけを

メモを整理する段階で仕分けする(見つける)のが大変なんです。

【広告】

Evernoteのチェックボックスを活用する

そこで工夫しているのが、Evernoteのチェックボックスを活用することです。

会議のメモを取る段階でTodoとしてメモを残す場合には、行頭に必ずチェックボックスを付けておきます。

そして、結論や議論した内容は、●とか-とか他のマークを使うのです。

 

チェックボックスを使っておけば、あとからチェックボックスが付いているメモだけをTodoとして拾えます。

さらに、Evernoteには、チェックボックスが付いているノートだけを検索する機能があります。

検索窓で「todo:false」と打てば、検索できるのです。

 

だから、Todoのやり残しがないかなあとチェックしたい場合は、todo:falseで検索して出てくるノートを

順番に見ていけば、まだやっていないことを見つけられます。

あとは、これを定期的に実行することを習慣としてしまえばいいのです。

 

ちなみにEvernoteにはいろいろな検索コマンドがあります。

僕のEvernote専門ブログにまとめていますので、よかったらご参考にどうぞ。

⇒ Evernoteの検索コマンドでもっと快適に使いこなす

まとめ

仕事はどんどん増えていく方向にあります。

不況ということもあり、なかなか社員を増やすことができないため、1人の仕事負担量が増えてきています。

そういう中でどうやって仕事を回すかと言えば、ツールを使って自分の負担を減らすことなんです。

 

どうやって負担を減らしていくか、忘れないためにどのように工夫するか?などを

考えて実行できる人が生き残っていく時代なんだと思うんです。

そのような意味でも、僕は日々の工夫というのは大切なんだろうなと感じています。

    【広告】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ランキングに参加しています

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

アーカイブ