頭で覚えていることを整理して、『頭は空っぽ』にするためのブログです

東北楽天ゴールデンイーグルス 優勝! 9年前の事件からついに悲願達成!

【広告】    

2013年の日本シリーズは、盛り上がりましたね~。

内容のあるシリーズでした。

なんでこんなに思い入れがあるのかと思っていましたが、やはり9年前のあの事件が心にあるんですね。

9年前の事件とは?

それは、オリックスと近鉄の合併です。

当時、パリーグは観客動員も伸びずに低迷しておったんです。

特に近鉄とかオリックス、ロッテあたりはしんどかったんですよね。

 

オリックスはイチローが抜けたあたりから、低迷の一途をたどっていてて

チームは弱いし、魅力的な選手もいないし、面白くもなんともないチームでした。

(今でもたいして変わっていませんが。)

 

近鉄は、2001年の優勝からやはり下降線でした。

大阪に本拠地を構えても、当時京セラドームへのアクセスが不便だったこともあるし、

そもそも関西には阪神ファンが大勢多数という状態ですから、観客動員も増えませんでした。

 

そんな中、突然発表されたのが、オリックスと近鉄の合併です。

12球団ではなくなるため、1リーグ制にという話も持ち上がったほどの大改革になりそうでしたね。

 

2リーグ制は絶対維持するべきで、日本シリーズも維持して欲しい!!

そう願いながら事態の推移を見守っていたわけです。

 

当時は相当ショックでしたよ。

球団売却という話よりショックです。球団が1つなくなるんですから。

【広告】

東北楽天ゴールデンイーグルス誕生

そんなプロ野球の危機的状況の中でがんばったのが、選手会ですね。

当時の古田会長が公式戦をこなしながら、NPBと交渉する姿は感動しました。

 

合併は行われたものの、新規参入を認めると言う形で12球団維持という結論で決着したわけです。

で、そのときに新規参入したのが、東北楽天ゴールデンイーグルスです。

 

オリックスと近鉄を合併して、当時のいい選手だけをオリックスは確保したんです。

悪い言い方をすれば、要らないと言われた選手だけを集めてできたのが楽天です。

球団参入初年度は、100敗したのかな? とにかく歴史的な大惨敗でした。

9年目にして日本一!

そんな過去を知っているからこそ、思い入れがあるんですね。

要らないと言われた選手を集めてできた球団が、ついに日本一です。

かたやオリックスは・・・みじめですね。

 

強くするために合併したにも関わらず、あれ以来最下位ばかりです。

要らない選手を楽天に押し付けたのに、今では天と地ほどの差になりましたね。

 

まさか楽天が優勝するとは思ったなかったですが、嬉しいです。

9年前の事件を知っている人は、少なからず感慨があるんではないでしょうか。

 

これはひとえに球団関係者のチームを作る努力と、それに応えた現場の監督・コーチ、そして選手の方の

力が1つに結集した結果だと思います。

本当におめでとうございます。

 

また、東北に本拠地を構える球団が優勝したというのも、歴史に新たな1ページを加えたことになりますね。

本当にうれしいことです。

 

本当に昨日(11/3)の日本シリーズ第7戦は興奮しました。

久しぶりに手に汗握る試合でしたね。

優勝おめでとうございます。

 

    【広告】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ランキングに参加しています

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

アーカイブ