頭で覚えていることを整理して、『頭は空っぽ』にするためのブログです

ダイエット成功体験から学んだダイエットの原理原則とは?

【広告】    

前回の記事でダイエットの成功体験談をご紹介しました。

まだ読まれていない方は、こちらを先に読んでください。

⇒ 10か月で8kgのダイエット成功体験談

 

その中でも少し触れていますが、ダイエットの原理原則を知れば

ダイエットはとても簡単に考えることができます。

ダイエットの原理原則とは?

ダイエットは足し算、引き算でしかないんですよね。

(吸収するカロリー量) - (消費するカロリー量) = ???

 

この計算式の答えがマイナスならば体重は減る方向に向かい、プラスならば増える方向に向かう。

これだけなんですよね。

 

だから、ダイエットをすると考えた時、カロリー量の摂取を減らすのか

カロリー量を多く消費するかのどちらかしかないわけです。

【広告】

原理原則からみるダイエットの手法

これまで様々なダイエット方法が提案されてきましたが、

摂取量を減らすか消費量を増やすかどちらかの手法でしかないんですね。

 

例えば、レコーディングダイエット。

これは毎日食べたものを記録することで、客観的に振り返るようにする手法ですね。

記録したことを見返すと、「食べ過ぎたなあ」とか「おやつはあかんな」と気づくことができます。

だから、結果として摂取量を減らすことができるため体重が減るという原理です。

 

また、最近大流行したロングブレスダイエット。

こちらはカロリーの消費を高める方法ですね。

呼吸を使うことで、普段使っていない、眠っている筋肉を起こすわけです。

 

リバウンドが少ないのは、基礎代謝を上げる効果があるためですね。

基礎代謝は何も運動しなくても生命を維持するために必要なカロリー消費ですから

これが高いと勝手に体重は減る(維持される)わけです。

 

このように原理原則を知っておけば、どのダイエットが効果がありそうかわかってくるし、

自分に向いている手法もわかるんです。

さらに、どのように実践すれば効果的なのか?ということもわかってきます。

 

だから、原理原則を知ることはとても大切なことです。

効果的なダイエット手法とは?

では、何が最も効果的なのか?ということですが、

やはり基礎代謝を高めておくことですね。

最初に挙げた計算式がマイナスになる確率を高めるためには、

何も運動しなくても毎日消費されるカロリー量を高めておくことがポイントになります。

 

やせの大食いという人は、基礎代謝量が高いのでしょう。

 

だから、運動も持久系やスロー系がいいわけです。

基礎代謝を高めるために効果的ですから。

これにかなっているのが、ヨガやストレッチになるでしょう。

呼吸を用いたロングブレスも理にかなっているのだと思います。

 

インナーマッスルを鍛えるということが基礎代謝を上げるためには

非常に効果的であるということが言われています。

だから、インナーマッスルを意識しておくのがいいのです。

リバウンドしない体作りもできますしね。

 

ただ、難しいのはインナーマッスルを鍛えることは

個人ではどんなトレーニングが効果的なのかわかりません。

だから、体験コースでプロに教えてもらうのがいいでしょう。

ご興味があれば一度体験してみてはいかがでしょうか。

 

なお、ここに書いた内容は、あくまで個人的な考察と見解です。

効果があるかないかは個人差もありますので、一切の責任は負いません。

ご自身でご判断くださいますよう、お願いいたします。

    【広告】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ランキングに参加しています

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

アーカイブ