頭で覚えていることを整理して、『頭は空っぽ』にするためのブログです

断捨離をして家の中がスッキリ軽くなりました

【広告】    

3月は大掃除月間としておりましたが、家中の要らないものをバッサリと捨てました。

そのおかげで家の中が軽くなったようが気がします。(^^)

 

置き場所に困っていたものが、きちんと置く場所を決めることができたおかげで

かなり整理ができて、機能性がアップしたように感じます。

前回の記事も併せて読んでいただけると、今回の記事がさらにわかりやすくなります。(^^)v

⇒ 断捨離を断行中! 新しい生活を始めるために要らないものは捨てる!!

ゴミの総重量は380kg!

前回の記事を書いた後も、まだまだゴミが出たので、さらに2回ゴミ捨てに行きました。

合計3回に分けて運んだんですが、ゴミとなった総重量は380kg!!でした。

 

さすがにこれにはびっくりしました。

これほどまでに要らないものを貯めこんでいたのかと・・・。

そりゃあ整理する場所もなくなるわな。

 

これほどまでに重量がかさんだ原因は、英語の百科事典です。

父親が40年以上も前に全巻そろえたという百科事典が重いのなんの・・・。

思い入れもあるだろうからと、ずっと保管してきたのですが、

さすがに何十年も使っていないうえに邪魔になっているので、捨てることになりました。

 

せめて売れないかと探しましたが、百科事典は引き取り手がないんですね。

インターネットで情報が簡単に手に入るうえに、さすがに40年以上も前の情報は古すぎる・・・。

残念ながら、ゴミにしかならないことがわかり、あえなく処分となりました。

 

前回の記事でも書きましたが、捨てるときにネックになるのが、この「思い」ですね。

『思いは重い』なんてシャレを言っている場合ではなく、この思いを断ち切ることが捨てるための第一歩です。

まさに、「断捨離」なのです。

この百科事典を捨てることで、いろんな思いが吹っ切れた気がします。

【広告】

新しくできたスペースに書斎を作る

そうやって捨てることができたからこそ、ついに書斎スペースを作れたんですね。

新しいものを受け入れるために捨てるということが、いかに大切で必要なことかわかりました。

これが書斎スペースです。

書斎整理前

 

 

机を置いただけなんですけどね。

ただ、仕事をするスペースがちゃんとできたというのは気持ちのうえでも大きいわけです。

あとはスパゲッティ状態になっているケーブルを整理しないといけません。

整理ができたら、また記事にして公開したいと思います。

まだまだ整理は終わらない

要らないものは、だいたい捨てました。

次は、新しく入ってきた子供の机や機能性を取り戻したクローゼットや部屋を整理しないといけません。

 

今回大掃除をして、整理をしてあらためて感じたことは

● 要らないものはサッパリと捨てるの大切さ

● 保管する場所の確保

● 使いやすい(取り出しやすい)収納の仕方

 

この3点ですね。

これができると、機能的で使いやすい空間を作っていくことができるんだと思います。

あとはこれを実行するスキルを身につけることですね。

 

とりあえず、書斎スペースを何とかしないと・・・。(^^;

スキルについては、場数を踏んで経験値を上げていきたいと思います。

    【広告】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ランキングに参加しています

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

アーカイブ