頭で覚えていることを整理して、『頭は空っぽ』にするためのブログです

カーシェアリングとは違う 新しい車の乗り方「コスモスマートビークル」とは?

【広告】    

一時期カーシェアリングが話題になっていましたね。

ほとんど乗らない車をわざわざ購入するのはもったいない、でも車が欲しい時がある。

そんなわがままを聞いてくれる新しいサービスがカーシェアリングです。

 

でも、カーシェアリングにもやっぱり不満があるようで、

もっとわがままな意見まで聞いてくれたサービスを見つけてしまいました。

コスモ石油が提案する新しい車の乗り方とは?

そのサービスが、「コスモスマートビークル」という新しい車の乗り方です。

⇒ コスモ石油のカーリース スマートビークル

コスモ石油がサービスを提供しているのですが、

簡単に言うと、好きな車をリースするというサービスです。

 

リースなので、こんなメリットがあります。

● 車検、タイヤ交換などのメンテナンスなどの維持費は不要

● 契約期間を決めて、毎月一定金額を支払えばOK

● カーシェアリングとは違い、予約が不要でいつでも好きな時に使える

● カーシェアリングとは違い、ステーションまで行く必要がなく、車は自宅にある

【広告】

リース料金は残存価格設定でお得

リース料金は、残存価格設定ですので総額が安く抑えられますね。

最近はトヨタやホンダなどのディーラーで新車を購入するときも残存価格設定がありますよね。

 

例えば、5年ローンを組むとして、5年後の車の価値が50万円あると仮定した場合、

車両価格が300万円ならば、その50万円を予め差し引いた250万円の支払いのみで済むということです。

つまり、車を使用している期間に対する車両価値を支払うことになります。

 

これは、すごく合理的な価格設定ですよね。

5年後に手放すのがわかっているんだったら、5年後の下取り金額は、支払わなくていいので、

経済的負担もぐんと軽くなるんです。

 

というわけで、コスモスマートビークルでは、車両価格から予定残存価格を引いた金額が

リース期間で分割されるという料金設定になります。

自動車の維持費が組み込まれているというお得

自動車を購入するときに不安になるのが、維持費がかかるということです。

2年に1回の車検、定期点検、タイヤ交換、自動車税などですね。

 

こういう負担が家計に重くのしかかるんですよ。

うちの場合、車検に14万円、定期点検が5万円、タイヤ交換に5万円、自動車税5万円と

めちゃめちゃ払ってないですか?

 

コスモスマートビークルでは、こういう大きな負担がなく

月々の支払いに組み込まれているので、毎月の支出が計算しやすくなります。

新車を購入するメリットがない

リースの場合、車を所有しませんので自動車税が不要になります。

と、ここまでくれば、新車で購入するメリットがほとんどなくなってしまいます。

リースでも新車と同じように自分のものとして車に乗れるわけですから。

しかも、維持費も不要ときたら、断然リースがお得となりますよね。

 

僕は今自動車を持っていますが、次買うときはリースにしようかなと思うくらい

とても魅力的なサービスに感じました。

 

購入との違いは、所有しているかどうかですが、僕にとっては全く意味のないことです。

車を自由に使えればいいんですから。

これからの新しい車の持ち方、乗り方というコスモスマートビークル。

こういう形が増えていくかもしれませんね。

 

2014年6月30日までは、シニア、女性の方には最大1万円分のガソリン割引が付いてくるそうです。

⇒ コスモ石油のカーリース スマートビークルはこちら

    【広告】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ランキングに参加しています

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

アーカイブ