頭で覚えていることを整理して、『頭は空っぽ』にするためのブログです

続編・ ごちゃごちゃした電源ケーブル配線を整理しました

ScanSnap裏ケーブル整理後
【広告】    

1か月ほど間があいてしまいましたが、断捨離した後のケーブル配線整理の続編です。

前回の整理したときの記事はこちらです。

⇒ 断捨離をした後はごちゃごちゃしたケーブル配線を整理してみました

長い電源ケーブルを束ねる

パソコン周辺にはプリンタ、ルータ、モデム、スキャナーなどなど

たくさんの電気製品があります。

どれもこれも電源を必要とし、その数だけケーブルが存在するわけです。

当たり前のことですが、そうなりますよね。

 

それを何も考えずに接続すると、ごちゃごちゃした感じになるわけです。

こんな風に。

ScanSnap裏ケーブル整理前

ScanSnap裏 整理前のケーブル

 

なんかもう、ごちゃごちゃしているのが嫌な感じです。

そこで、ムダに長いケーブルを束ねてみました。

するとどうでしょう?

ScanSnap裏ケーブル整理後

ScanSnap裏 整理後のケーブル

 

スッキリしていませんか?

電源ケーブルはある程度長くないと困りますよね。

配置する場所が限られてしまいますから。

 

だから、長くなってしまったケーブルは束ねてしまうというのがいいです。

束ねるのに使ったのは、何回も取り外しが可能なバンドです。

 

例えば、こんなヤツ。

 

普通の結束バンドだったら、1度使ったら終わりなので、

機器を移動するたびに買い直さないといけません。

部屋の模様替えのときを見据えて、何回も取り外して使えるバンドを使うのがオススメです。

【広告】

電源タップにはラベルを貼る

先ほども言いましたが、パソコン周りには電源ケーブルがたくさんあります。

当然電源タップもたくさんになります。

うちの場合は、9個のコンセントを使用しています。

 

これ、そのままにしておくと、どの穴にどの機器をつないだかわからなくなります。

ケーブルはスパゲッティ状態でこんがらがっていますから、

毎回毎回ケーブルをたどって、どの機器かを当てるなんて面倒ですよね。

 

そこで、電源タップにラベルを貼っておきましょう。

こんな具合に。

電源タップにラベル貼付

電源タップにラベルを貼ったところ

 

ちょっと小さくて見えづらいかもしれませんが、

左から、「ルータ」、「モデム」、「HDD」、「プリンタ」、「スキャナ」、「デスクライト」

と書いています。

 

そうすると、どこに何がつながっているのかわかります。

さらにいいことに、使わない機器はこまめにスイッチを切って電気のムダ使いも防止できます。

すばらしい。(笑)

まとめ

断捨離すると楽しいですよ。

要らないものをバンバン捨てると、めっちゃめちゃ気分がいいですから。

 

さらに残ったものでごちゃごちゃしているところを整理すれば、

もう気分は最高です!

一度、断捨離と整理をやってみませんか?

    【広告】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ランキングに参加しています

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

アーカイブ