頭で覚えていることを整理して、『頭は空っぽ』にするためのブログです

アマゾンのキンドルは読書に向いているのか考えてみよう!

【広告】    

アマゾン(Amazon)からキンドル(Kindle)が発売されてからというもの、

すっかり電子書籍が普及しましたね。

マンガなんかは電子書籍で読むという人も多いと思います。

 

でも、電子書籍って本当にいいんでしょうか?

マンガや雑誌なら電子書籍がいい

結論から言うと、漫画や雑誌を読むのなら電子書籍がいいと思います。

どちらもパラパラめくって読むものですから、一度にたくさん持ち運べて

どこでもスキマ時間を見つけて読みやすいという点では、紙に比べて有利なんですよ。

 

電子化するメリットの1つは、やはり大量に持ち運べることでしょうね。

だから、お気にいりの漫画や雑誌を、だーっとたくさん入れておいて読むという

スタイルが定着できたんじゃないでしょうか。

 

キンドルなんて軽いし薄いし、もう持ち運びには最高です。

そのうえ、バッテリーも長時間もちますから。

【広告】

ビジネス書に電子書籍は不向き

一方で、ビジネス書を読むのであれば、紙の書籍の方がいいと感じるんです。

僕自身は、電子書籍が普及すればいいと思っていましたし、

実際に電子書籍がたくさん出回るようになって嬉しかったので、

ビジネス書なんかも電子書籍でたくさん購入して読んだんです。

 

ところが、

電子書籍でビジネス書を読むことはイマイチよろしくないと思うようになりました。

 

これは読み方にもよるんですが、

僕の場合は、本に書き込みながら読むからなんですよ。

なぜ書き込むかというと、本を通じて学びたいからです。

 

ポイントだと思うところに線を引き、読みながら考えたことをメモする。

そうして、後でそれをまとめるんですね。

 

「読む」→「学ぶ」→「実行する」

というように、インプットからアウトプットへつなげるために、本に直接書き込んでいるんです。

ビジネス読書の正しい読み方は、こちらの動画で解説していますので、見てみてください。


 

で、話を電子書籍に戻します。

本を読むとき、書き込むということをしているので、電子書籍は不向きなんです。

サッと書き込めないですから。

 

だから、ビジネス書は紙の方が、サッと書き込める点が有利なのです。

何のための読書か?

動画でも解説しているとおり、ビジネス書を読むのは学んでスキルアップするためです。

そう考えると、ただ読んで終わりというわけにはいかない。

学びを得る読み方をしないといけないんです。

 

だけど、電子書籍というのは基本的に「読む」行為だけをするもんです。

マーカーとかしおり機能は、もちろんありますが使いにくい。

そう考えると、電子書籍より紙の方がいいわけです。

 

だから、読書の目的に応じて電子書籍と紙を使い分けるのが、最もいいと思うんです。

読むだけでいいものならば、電子書籍。

読むだけではいけないものならば、紙。

みたいにね。

 

この記事を参考にしてもらい、

あなた自身の読書スタイルというのを作ってみてはいかがでしょうか?

    【広告】

関連記事

コメント

  1. 自分はなんとなく紙の質感がいいので、慣れませんね。
    という自分も電子書籍発行してますが・・・。

    応援しておきました。ポチッ

      • とらきち
      • 2014年 12月 17日

      矢田さん

      コメントありがとうございました。
      使ってみたら、やっぱり紙がいいこともある、
      というか紙の方がいいと思うようになりましたね。

      便利になるのはいいけど、
      良いところは残していきたいものです。

      ありがとうございました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ランキングに参加しています

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

アーカイブ