頭で覚えていることを整理して、『頭は空っぽ』にするためのブログです

トワイライトエクスプレス豪華寝台特急が2015年3月引退が決定

【広告】    

とても残念なニュースでした。

大阪~札幌で走っている日本一長い走行距離の寝台列車トワイライトエクスプレスが

2015年3月をもって終了することになったそうです。

トワイライトエクスプレスとは?

大阪を出発して北陸、日本海側を通って青函トンネル経由で函館、札幌までを

約22時間かけて走行する豪華寝台特急なのです。

ホテルのスイートルーム並みの部屋や本格的なフレンチが楽しめる食堂車がある

まさに夢の寝台特急なんです。

 

1989年から運行を開始して、今年で26年目に入っているんですが、

相変わらず満席続きでなかなか予約が取れないそうです。

それほど人気がある寝台列車なんです。

【広告】

なぜ引退しなければならないのか?

これほど人気があるトワイライトエクスプレスが、なぜ引退となったのでしょうか。

JR西日本の発表によると車両の老朽化が理由だそうです。

 

もう1つは、北海道新幹線の開業も影響があるようですね。

公式発表には触れられていなかったようですが、

北海道新幹線が青函トンネルを通るためトンネルを新幹線仕様の供給電圧にするそうです。

そのため、他の旅客車両は、この電圧に対応していないためトンネルを通れなくなり、

それが運行できなくなる原因とも言われています。

 

ということは、青函トンネルを通っている他の列車

東京・上野から出ている北斗星やカシオペアも引退の危機に直面しているんです。

 

僕は、新幹線もいいけれど、こういう夢のある列車を廃止することは止めて欲しいと思うのです。

新幹線では味わえない風情や旅情というものがあり、

現実世界を一時忘れられ、まさに夢の世界へいざなってくれる

そんな列車だと思います。

 

これほど人気があるのに廃止するというのは、まったくお客のことを考えず

自分たちの都合しか考えていないという姿勢に感じられます。

 

僕は北海道へ新幹線で行きたいとは思いません。

北海道新幹線は悲願だそうですが、いったいどれほどの人が嬉しいと思うのでしょうか。

ひょっとしたら、北海道民の方々の総意なのかもしれませんが、とても残念です。

 

できるならば、新幹線と在来線を共存できる形を模索していただきたかったと思います。

引退に向けてトワイライトエクスプレスの増便が決定

来年3月の引退までのラストランということで

2015年1月からはトワイライトエクスプレスは毎日運行されるそうです。

 

毎日走らせられるほどの需要があるのならば、

なんで廃止せなあかんねんと思ってしまうのは、僕だけでしょうか。

 

僕の夢の1つとしてトワイライトエクスプレスに乗るということがあります。

まだ達成できていないのですが、なんとか来年の引退までに実現したいと思います。

 

とても残念です。

    【広告】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ランキングに参加しています

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

アーカイブ