頭で覚えていることを整理して、『頭は空っぽ』にするためのブログです

元阪神タイガース 林威助(リン・ウェイツ)は今何をしているのか?

【広告】    

2013年のオフに戦力外通告を受けた元阪神の林威助(リン・ウェイツ)選手ですが、

阪神に在籍しているときの人気は高かったので、今は何をしているんだろう?

と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

僕自身もちょっと気になったので、調べてみました。

2014年は台湾球界に在籍

戦力外通告を受けた後、NPBのトライアウトも受けたそうですが、

結局どの球団からも声がかからなかったそうです。

その後、台湾の兄弟エレファンツにドラフト3位指名を受けて契約していたそうです。

 

しかし、2014年の3月にスライディングをした際に、左ひざ半月板を損傷して

5月には手術を受けたそうで、出場試合数も26試合にとどまっているという現状です。

 

ちなみに兄弟エレファンツには、阪神から戦力外通告を受けて

その後横浜DeNAにも在籍した鄭 凱文(ジェン・カイウン)投手も所属して活躍しているようです。

【広告】

林選手はケガが多い

阪神時代には、その素質から、いずれは左の大砲として期待されていましたが、

とにかくケガが多い選手でした。

一時は、ライトとファーストでレギュラーをつかみかけていた時期もあったのですが、

すぐにケガをしてしまい、そのチャンスを逃しましたね。

 

元々、守備と走塁は評価の低い選手でしたから、打てないとなると戦力外となるのも仕方ないですね。

打つことを期待されていたのですが、最後の方はまったく打てていませんでしたから。

ケガが多い選手は大成しない

やはり、プロのスポーツ選手はケガとの闘いなんでしょうね。

ケガに弱い選手は大成しませんね。

逆に、大成した選手というのは、ちょっとくらいのケガでは休みませんし、そもそもケガをしない。

 

鳥谷選手が好例で、ショートでレギュラーを張りながら、入団以来ケガで離脱したことないんじゃないですかね。

すごいことだと思います。

全盛期の金本選手もケガに強かったですね。

そして、あの連続フルイニング出場記録が生まれたわけです。

 

今、気になるのは上本選手ですね。

良い素質を持っているのに、ケガが多い。

せっかくレギュラーをつかみかけているこの時期にケガをしないように願いたいものです。

もうすぐ西岡選手が復帰しますしね。

がんばれ林威助!

話が大きくそれましたが、林選手は好きな選手でしたので、頑張って欲しいですね。

今もまた手術をしたそうですが、復帰して最後まで悔いのないように現役生活をまっとうしてほしいなと思います。

 

またいつか元気な姿で日本に戻ってきてくれることを楽しみに、静かに応援しておきます。

    【広告】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ランキングに参加しています

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

アーカイブ