頭で覚えていることを整理して、『頭は空っぽ』にするためのブログです

歯磨き粉を道具を使わずに最後まで使い切る方法

【広告】    

あなたは、歯磨き粉を使っていてこんな経験はありませんか?

もう残り少なくなってきた頃から、だんだんと中身が出にくくなり、

めっちゃ力をいれてしごいて中身を振り絞って出す。

 

でも、まだまだこんなに残っているのに・・・。

もったいないなあ~。

これまでの生活の知恵は?

「モッタイナイ」って言われてしまいそうな、歯磨き粉の使い方。

 

んなことはわかってる。

うちだって節約したいんだ。

だから、最後まで使い切るようにしているんやで。

 

と、編み出された生活の知恵が、

さかさまにして置いておく!

 

地球の重力を利用して、1日くらい置いておけば残りわずかな歯磨き粉が下に落ちてくる!

それを最後まできれいに使い切ってやるんや!

でや? めっちゃ賢い方法やろ??

 

いやいや。もうそんなことはしなくてもいいんです。

もっと簡単に、もっと時間をかけずに、歯磨き粉を最後まで使い切る方法があるんです。

【広告】

遠心力を利用する

どうやってそんなことできるんや?

 

それはですね、

まず歯磨き粉のキャップの反対側、つまりお尻の部分をつまんで持ちます。

 

そして、おもむろにそれをブランコのようにブラブラと振り続けます

ペラッペラになっている面を前後にブ~ラブラ♪です。

 

それで終わり。

 

へ?そんなんでいけますの??

はい。これで歯磨き粉が全部キャップの出口部分に集まるんです。

 

これはですね。

遠心力を利用して中身を全部外側、つまりキャップの出口部分に集める方法なんです。

 

車に乗ってて、カーブを曲がるとき、

曲がる方向と反対方向に体が傾いてしまうでしょ?

あれが遠心力。

 

回転するときには必ず遠心力がかかるんです。

それを利用しようというわけです。

もう逆さ置きは要らない!

これを使えばですね、さかさまに置いてじーっと待たなくても

その場でブラブラ振れば、スグに使えるんです。

 

うちの幼稚園の娘もぶらぶらやって、

「出てきた♪」って喜んでいるくらいですから、誰でも簡単にできるでしょう。

 

歯磨き粉はチューブに入ってて最後まで使えないと

なんか腹立ちますよね。

まだまだ残っているのに、出てこん!って。

そんなときには、この知恵を使ってみてください。

 

ちなみに、歯磨き粉だけでなく、チューブ入りのものだったら

他のものでもできるはずですので、お試しください。

原理は同じですからね。

 

以上、歯磨き粉を道具を使わずに最後まで使い切る方法でした。

    【広告】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ランキングに参加しています

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

アーカイブ