頭で覚えていることを整理して、『頭は空っぽ』にするためのブログです

バレンタインデーの由来って何だろう?

【広告】    

もうすぐ2014年も終わりです。

年が明けるとすぐに2月になります。

 

2月と言えば、そうバレンタインデー。

何の疑問も感じずに、毎年バレンタインデーを過ごしていますが、

はて?なんでバレンタインデーってあるんでしょうか?

バレンタインデーの発祥は諸説あり

バレンタインデーの歴史はローマ帝国時代にまでさかのぼるそうです。

当時のローマは2月14日は女神の祝日で、翌日から豊作を祈願するお祭りが始まる日でもあったそうです。

 

男と女は、くじ引きでその祭りの間だけパートナーとなる相手を選んでいたそうです。

そして、そのまま結ばれるということも、しばしばあったそうな。

その名残がバレンタインデーだという説ですね。

 

ただまあ他にもいろんな説があるようで、

昔のことですからね、定かではないんでしょう。

【広告】

バレンタインデーキッス

バレンタインデーと言えば、この歌しか知りません。

バレンタインをテーマにした曲は、国生さゆりのバレンタインデーキッスしかないんちゃうかな?

まだ子供の頃、おニャン子クラブというものがあった時代の話ですよ。

 

若い世代の人は知らんでしょうな。

AKBのはしりですよ。今でいう。

あの頃は、おニャン子すごかったですからね。

チョコは義理でもいい

さて、現代の日本では女子が男子にチョコを渡すという習慣がすっかり定着しています。

そして、最近では女子から女子の友達へチョコをあげるという

男子からすれば由々しき習慣が定着しつつあるようです。(笑)

 

男子は、意外とバレンタインをドキドキしながら過ごしているものです。

「ああ。誰かくれる人いないかなあ」なんてね。

例え、義理だとわかっていてももらったら嬉しいもんなんですよ。やっぱり。

 

まあ、僕は誰からももらってませんけどね。(泣)

いいんです。お返しを考えなくて済むから。(爆)

 

それでもね、普段お世話になっている人がいるんだったらね

義理でいいんで渡してあげると、きっと喜ばれると思いますよ。

コミュニケーションの手段として使ってみてはどうでしょうか?

チョコでなくてもいいよね

別にチョコにこだわる必要もないですよね。

元々、日本にはない習慣なんだから、チョコ業界の策略ですからね。

気持ちを伝えるキッカケだと考えればいいんじゃないでしょうか。

 

バレンタインの由来の話から

えらい逸れましたが、そういうことですよ。

どういうことやねん!!(笑)

 

チャンチャン♪

    【広告】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ランキングに参加しています

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

アーカイブ