頭で覚えていることを整理して、『頭は空っぽ』にするためのブログです

年賀状を送る習慣について考える

富士市からの富士山
【広告】    

今年も12月に入り、そろそろ年賀状どうしよう??って時期です。

うちは毎年出してはいるんですが、

僕自身の付き合いで出している人は、ごくわずか。

 

あまり年賀状とか、そういうマメなことが元々好きではないんです。

昔は年賀状に思いがあった

今ほどパソコンやプリンタが発達していない時代、

それこそまだまだ手紙でお互いの交流を深めていたような時代では

年賀状には「思い」が込められていたことでしょう。

 

1年に1度、なかなか会えない人に近況を伝えるキッカケでもあったろうし、

感謝を伝える「場」として機能していたんだと思います。

 

何より、手書きでしか書く手段がなかった時は

それこそ1枚1枚時間をかけて書いていたんです。

だから、書く人の「思い」が込められていることは、

年賀状をもらうだけでも充分伝わっていたという時代でした。

【広告】

現在はPCで印刷が全盛の時代

ところが、今はデジタル化が進み、インターネットが完全に広まった時代です。

連絡はいつでもどこでも、メールやSNSなどを使えば簡単に取れる時代です。

 

しかも、年賀状は印刷することが全盛です。

子供の写真を印刷したり(うちはこのパターンです)、デザインをPCで作って印刷する。

あて名書きは、当然のごとく全部PCで印刷。

 

もうこれで完成です。

 

便利さを追い求め、時間がかからない効率性を追い求めた結果、

年賀状はこのような形に変化してしまいました。

 

さて、どこに送り手の「思い」があるでしょうか?

もちろん、印刷だけでなく手書きの文章を添えて出す人も多いでしょう。

 

しかし、便利さや効率性を求めるということは、

そもそも年賀状を書くこと自体が「めんどくさい」と感じている証拠です。

 

そのどこに「思い」が込められているというのでしょうか。

人間関係も複雑になり・・・

また、会社や学校で年賀状を送らないといけない雰囲気というのがあるようにも思います。

毎日顔を合わせる人に対して、年賀状を送る意味というのは、あまりないように感じます。

 

礼儀というのか、建前というのか、

「やらないといけないから」という理由で年賀状を書いている人もいるのではないでしょうか。

 

あの人に送ったら、この人から文句言われそうやなあ・・・

などと考えるようになってしまっては、

本来の年賀状の意味なんてないですよね。

年賀状という伝統は否定しないが・・・

これだけ情報網が発達してしまうと、めったに連絡が取れないということはありません。

会えなくても、ビデオ電話やスカイプで話ができる時代です。

 

もはや年賀状に意義を感じられません。

ただ、日本独特の文化・伝統でもあると思います。

 

だから、これからは別の意味を年賀状に求めるべきです。

それは何かはわかりません。

ただ、少なくとも義務感で送る年賀状だけは廃止したいと思うのです。

 

みなさんは、どう思いますか?

    【広告】

関連記事

コメント

    • すえ
    • 2014年 12月 17日

    はじめまして
    年賀状に描くCanon x5 の画像を調べていたらこのブログに辿り着きました。(購入記事です)

    私は今年賀状を書いています。(お世話になった方、なかなか会えない方だけですが)
    確かにSNSで数秒で送ることが出来ますが、私は文章より年賀状を貰った方が嬉しいですね。
    ちなみにプリンターを使わずアナログの手書きをしてます笑

    取引先の会社などは礼儀というか義務になっていて、大量に送る人は印刷で楽に作れるのはとても便利だと思います。

    この問題?について判断することはとても難しいですね。
    今の若い子は手紙や年賀状を書くこと事態考えたことがないんでしょうか。

    駄文ですみません。

      • とらきち
      • 2014年 12月 17日

      すえさん

      コメントありがとうございました。

      僕も年賀状もらった方が嬉しいです。
      でも、送るのはめんどうというわがままでもあります。(^^;

      どういう形にしても「心」がこもっていないといけないなと思います。
      形だけするなら、もうやらなくてもいいかなと感じていたんです。

      まあ、1年に1回のこの機会で
      なんとか連絡している友達もいますしね。

      良いことも悪いこともあるように思います。

      ありがとうございました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ランキングに参加しています

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

アーカイブ