頭で覚えていることを整理して、『頭は空っぽ』にするためのブログです

日常会話で英語がペラペラ話せるようになるオンライン教材を体験!

【広告】    

最近、英語が話せなくなってしまった自分に気づいて以来、

いろいろと思うところがあったので、ブログにも記事を書いてきました。

⇒ 英会話にはリハビリが必要なようです・・・。

⇒ 英会話の勉強法は間違いだらけ! 日本人が英語を話せない理由とは?

⇒ オンライン英会話を選ぶ前に考えるべきこととは?

 

そして、その過程で「ある教材」に出会うことができました。

そこで、この教材を体験したレビューを書いておきたいと思います。

YouCanSpeak これまでとまったくコンセプトが違う教材

その教材というのは、YouCanSpeakという名前の教材です。

これまで英会話の教材、あるいはオンライン英会話というと

リスニングを重視していたり、マンツーマンでネイティブ講師と会話ができることを

売りにしている教材が多かったのではないでしょうか。

 

このYouCanSpeakは、スピーキングを重視した教材で、

しかも英語に瞬間的に反応する能力を身につけることを目的とした教材なんですね。

このコンセプトが、これまでと違うなあと感じた理由ですね。

 

会話のパターンなんて無数にあるわけですよね。

英会話で習う決まりきった会話のパターンが、

そのまま日常生活で直面する可能性は極めて低い。

 

会話のほとんどは瞬間的に反応して、その時々の流れやテンポを楽しむものです。

これは、英語を瞬間的に組み合わせて発するという、

言葉を自由に操る能力が必要であることを意味します。

 

そのためには、基礎構造をしっかりと作っておきべきだというのが

YouCanSpeakの考え方ですね。

 

これは、家を建てるときと同じ考え方ですね。

しっかりとした基礎工事ができていないと、建物はぐらついて倒れてしまいます。

【広告】

YouCanSpeakはどういう訓練をするのか?

訓練の内容は、日本語を読んで、すぐさま英語で答えるという単純なもの。

だけど、時間制限があると、「あわわわわ」となって、まったく英語が出てこないんですよ。(笑)

「あ~。こんなにも英語って出てこないものか・・・」とガックリした瞬間ですね。(^^;

 

だけど、不思議なもので繰り返していくうちに、だんだんと英語出てくるようになるんですよ。

英語が少しずつ話せる自分に気づくことが出来ました。

出てくる英語も中学生レベルですから、辞書で調べる必要もないでしょう。

ほんと、スピーキングに集中できます。

 

そして、正解はネイティブスピーカーの音声で読み上げられますから

発音のチェックにも使えます。

 

訓練の中に、「時間制限」があるんですね。

瞬間的に反応するまでの時間を、7秒以内、5秒以内と制限するパターンが用意されています。

これは焦りますよ~。(笑)

 

だけどね、例えば7秒以内に反応できなかったのに、

練習を繰り返して7秒以内にできたときは、嬉しい!って思うし、

学習の効果が表れているなって実感ができたんですよ。

努力が体感できるのって、モチベーションUPにもつながりますよね!

 

百聞は一見にしかず。

実際に見て体験してもらうのが、最も理解してもらえると思いますよ。

無料お試し版がありますので、ぜひ体験してみてください。

⇒ YouCanSpeakを無料で試してみる

YouCanSpeakの学習効果は?

もともと、TOEIC800点はとっていましたし、

日常の英会話もできるので、英語には自信があります。

 

それでも、英語が話せない自分に気づいたときは、ショックでした・・・。

でもね、そこから少し訓練をすれば、出てくるようになりましたよ。英語。

だいたい3回くらい繰り返しましたね。

 

だから、効果は間違いなくあると思うんです。

何より瞬間的に反応するコンセプトは、僕が英語を独学で習得した過程と同じ

すごく共感できるポイントです。

 

効果の実感は、個人差がありますから何とも言いにくいですが、

一般的に3か月くらい英語のシャワーを浴びていると

少しずつ英語脳が出来て、瞬間的に反応することができるようになるんですって。

 

英会話は、スポーツと同じで訓練すれば上達しますからね。

そういう意味で、スピーキングにフォーカスしたYouCanSpeakはオススメできる教材です。

 

もし、あなたの英語が伸び悩んでいたり、

本当の英語力を身につけて、外国人とペラペラ、コミュニケーションを取りたいなら、

挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

無料体験もできますからね。

では!!

YouCanSpeak

 

 

 

    【広告】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ランキングに参加しています

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

アーカイブ