頭で覚えていることを整理して、『頭は空っぽ』にするためのブログです

新幹線で出張するとき絶対に注意するべき1つのこと

米原付近の積雪の様子(新幹線から撮影)
【広告】    

新幹線で出張するのであれば、必ず気を付けておくべきことがあります。

飛行機でも車でもそうなんですが、新幹線は意外と油断してしまうものなのです。

余裕ぶっこいていると、とんでもない目に遭うことも・・・

新幹線はたくさんの地域を通るということ

飛行機であれば、台風や雪というような自然現象があれば、「飛ばない」ということになります。

だから割と、「飛ばないかも??」と、注意が向きやすいのです。

 

でも、新幹線は少々のことでは止まりません。

だから忘れがちなのですが、

自分の住んでいる地域では晴天でも、途中の通過地域では豪雪になることもある

ということ。

 

つまりですね、僕は大阪に住んでいるんですが、

大阪は晴天でまったく天候に問題なくても

例えば、京都から名古屋の間では雪が積もっていたり、吹雪いているために

新幹線が遅れるケースが多々あるということなんです。

 

自分のいるところが問題ないので忘れがちですが、

途中ではとんでもないことになるケースがあるんですよ。

【広告】

遅延は30分、1時間となることもある

でまあ、そんな調子でいると、新幹線の到着が1時間遅れということもあるわけで、

仕事をするうえでは致命傷になりかねないわけです。

時間厳守というのが、絶対ですからね。

 

もちろん、自然の場合は、相手さんも許してくれるでしょうが、

そういうリスクに備えて行動できるか?という点ではマイナス評価がつくでしょう。

リスクマネジメントできない人って思われるかもしれませんね。

 

だから、冬場の新幹線は注意しないといけません。

運行状況を確認して、やばいときは早めに出るということですね。

ちなみに、今新幹線は徐行しています

この記事を書くキッカケになったのは、今まさに上で書いたことが起きているからです。

2015年3月11日、大阪はすんごいいい天気。

でも、前の晩から降り続いた雪で、米原周辺は雪が積もり、吹雪いている地域もありました。

こんな感じです。

米原付近の積雪の様子(新幹線から撮影)

 

新幹線は当然徐行運転。

急遽、朝早くに1時間早い新幹線に変えました。

そして、時間に遅れることなく、余裕で間に合いました。

 

前の日から、「新幹線止まるかも??」と思っていたので、

対処できたんですけど、余裕ぶっこいて、ゆっくり寝ていたらアウトだったかもしれません。

 

というわけで、

仕事では常にリスクを考える必要があると思うのです。

そして、新幹線には「雪」というリスクがあることを忘れてはいけないのです。

 

だから、準備を怠ってはいけません。

    【広告】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ランキングに参加しています

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

アーカイブ