頭で覚えていることを整理して、『頭は空っぽ』にするためのブログです

有馬温泉 日帰り旅行攻略法

青空
【広告】    

先日、六甲山アスレチックに行きまして、その帰りに有馬温泉で温泉に入ってきました。

駐車場や温泉など、有馬温泉で快適に過ごすための情報を書いておきます。

【関連記事】 六甲山へ遊びに行くならロープウェイがお得!

【関連記事】 六甲山アスレチックはGWの混雑に注意すべし!

中心街は車と人で大混雑!

まず、GWということもあって有馬温泉の中心街は、車と人でごった返しています。

昼間は六甲山にいて、夕方17時くらいに有馬温泉に戻ってきたのですが、

かなりの人と車の数があって、渋滞が発生するくらいでした。

 

ですので、車で行く場合は、渋滞するということを頭に入れておいてください。

 

でも、

中心街を外れると、まったく人も車も見ることもなく混雑することはありません。

これも頭に入れておいてください。

 

ちなみに、中心街と言っているのは、

神戸電鉄の有馬温泉駅周辺のことです。

外湯や旅館、おみやげ屋さんが軒を連ねている通りになります。

【広告】

外湯なら金の湯がいいでしょう!

日帰りで行くなら、外湯に入ることになるのですが、

日帰りの人でも入れる温泉は、いくつかあります。

その中でも「金の湯」が手頃な値段でオススメです。

 

太閤の湯というのがあるのですが、大人1人で2,000円以上もするので

あまりオススメできません。

その代り、金泉と銀泉が同時に楽しめるほか26種類の温泉があるそうですが・・・。

いくらなんでも高いと思います。

 

さて、金の湯はですね、金泉の温泉でして、

外には足湯や飲める温泉もあるんです。

大人650円と非常に手ごろな価格設定です。

これなら安心でしょう?(^^;

 

温泉の中は、露天風呂もなければ、変わり種もない普通のお風呂。

金泉の茶褐色のお湯が44℃と42℃に設定された2つと

水道水のお風呂があるだけです。

これでも充分温泉として楽しめますよ!

ただし、子供には少し熱すぎるかもしれませんね。

金の湯へ行くなら有馬温泉駐車場がオススメ

金の湯に一番近いのは、「池の坊駐車場」なんですが、ここは使わない方がいいです。

というのも、観光客が密集しておみやげ屋さんやらご飯屋さんを探しながら

あちこち歩き回っている、いかにも観光地らしい狭い道を車で通っていかないと

池の坊駐車場に到着しないからです。

 

つまりですね、車で通るのは危ないし、歩行者が多いので気を使うわけです。

だから、大きい道路に面している「有馬温泉駐車場」がオススメです。

この駐車場から金の湯まで5分程度で歩けますし、途中にはおみやげ屋さんもあるので

歩いていくのが丁度いいのです。

他の駐車場は遠い

ちなみにですね、有馬温泉協会のサイトを見ると他にも駐車場はあります。

有馬里駐車場とかロープウェイ駐車場とかですね。

 

この2つは、車で5分程度離れた場所にあるので、

歩くと15分~20分くらいかかるんじゃあないですかね。

ちょっと遠く感じました。

 

先日、ロープウェイを使って六甲山へ行ったときは、

ロープウェイ駐車場から有馬温泉駐車場まで車を移動させましたよ。

それくらい遠いと感じたのです。

食事処はあまり見当たらない

レストランとかがあまりないんですよ。

日帰りのときは困りますね。

金の湯の前に2軒ほどありますが、それ以外は見あたりませんでした。

 

金の湯の中では食事できませんので、食事だけは困りますね。

あと、気をつけておかないといけないのは、営業時間が短いこと。

おみやげ屋さんも暗くなると閉まるので、要注意です。

 

ひとっ風呂浴びた後におみやげを買おうと思っても、

もう閉まってる!ってなことになりかねませんからね!!

銀の湯は閉鎖中

金の湯があれば、銀の湯もあるのですが、現在閉鎖中です。

平成27年の夏には、再オープンするみたいですよ。

こちらは僕も行ったことありませんので、まったくわかりません!

 

有馬温泉も行ってみると、そこそこ楽しめる場所ですからね。

ぜひ、足を運んでみてください。

    【広告】

関連記事

コメント

  1. 食事処があまりないというのは
    意外ですね。
    たくさんあるとばかり思ってました。

    とはいってもブランドの温泉地ですから
    行ってみたいですね。

      • とらきち
      • 2015年 5月 10日

      金山さん

      コメントありがとうございます。
      そうですね。
      見つけられなかっただけなのかもしれませんし、
      奥へ行けば、もっとあるのかもしれません。

      が、目立つところ、通るところには見あたらなかったですね。
      もう少し食事処が増えれば助かるのですが・・・。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ランキングに参加しています

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

アーカイブ