頭で覚えていることを整理して、『頭は空っぽ』にするためのブログです

WordPressで使用しているプラグインを忘れないようにまとめてみました

【広告】    

WordPressの特長の1つは、プラグインを入れるだけで、どんどん機能が拡張できるところです。

プラグイン開発者の方が、様々な便利ツールを作ってくれるので、ありがたく使わせていただいております。

 

というわけで、使っているプラグインをまとめてみました。

WordPressをインストールしたら最初に必ず入れておきたいプラグインの紹介記事も併せてどうぞ。

⇒ WordPressをインストールしたら最初に入れておく8つのプラグイン

All in One SEO Pack

URL: http://semperfiwebdesign.com/

All in One SEO Packは、SEO対策のためのプラグインです。

このプラグインをインストールすると、投稿画面の下にこのような入力項目が出るようになります。

All_in_One_SEO_Pack

 

ここで、タイトル記事と記事の紹介文、キーワードを入力します。

これらは検索エンジンに認識してもらうための情報になります。

 

なお、検索エンジン用のタイトルを実際の記事タイトルとは違う内容にもできますが、

ユーザーは混乱するように思いますので、僕は使ってません。

Broken Link Checker

URL: http://w-shadow.com/blog/2007/08/05/broken-link-checker-for-wordpress/

ブログ記事が増えてくると、いちいちリンク切れを起こしているかどうか、確認できなくなります。

とはいえ、リンク切れのままにしておくのは、読者さんへの不親切だと感じます。

だって、見たいと思ってクリックしたらリンクがなくてエラーだったら腹立ちますもん。

 

そこで、便利なのがBroken Link Checkerです。

ブログ内のリンクを監視してリンク切れを起こしているところを自動的に検知して

取り消し線表示するという処理までやってくれます。

 

詳しい使い方は、デザインプラス様の記事が丁寧です。

⇒ http://design-plus1.com/tcd-w/2013/03/broken_link_checker.html

【広告】

Contact Form 7

URL: http://contactform7.com/

お問い合わせフォームを簡単に作成できる便利なプラグインです。

当ブログももちろん設置しています。

皆様からのご意見、ご指摘など、メールをお待ちしております。m(_ _)m

Facebook

URL: http://wordpress.org/extend/plugins/facebook/

言わずと知れた、あのFacebookです。

Facebook関連もたくさんプラグインがありますが、公式プラグインが安心できるのではないかなと思います。

僕もいくつか試しましたが、結局これが一番かなと思いました。

Search Meter

URL: http://thunderguy.com/semicolon/wordpress/search-meter-wordpress-plugin/

Search Meterはブログの中でどんなキーワードで検索されているかを調べてくれるプラグインです。

自分のブログでどんな記事が読まれているのか、傾向をつかむことができます。

WP Multibyte Patch

URL: http://eastcoder.com/code/wp-multibyte-patch/

日本語版Wordpressのマルチバイト文字の取り扱いに関する不具合を修正してくれるプラグインです。

必ず入れておいた方がいいですね。

 

とりあえず、今使っているのはこんなところです。

    【広告】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ランキングに参加しています

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

アーカイブ