頭で覚えていることを整理して、『頭は空っぽ』にするためのブログです

高知の日曜市って知ってました!?大人気の秘密を探ってみました!!

土佐の日曜市 通りの様子
【広告】    

高知に大規模な日曜市がありました。

目的はひろめ市場だったんです。

ひろめ市場のレポートはコチラです。

⇒ ひろめ市場のおすすめ情報!食べ物にお土産においしいものばかり!!

 

で、ひろめ市場目指していっていたら、道路が封鎖されていまして

「何やろ??」と、思ってみたら、土佐の日曜市という名前の市が開かれていたんです。

 

車で通ったんですけど、ずらーーーーーーっと店が並んで、

もうすごいのなんのって。

実際に歩いて見てきた感想を書いていきますね。

道路の封鎖に気をつけろ!

日曜市のことを話する前に、道路事情についてお伝えしておかねばなりません。

これ、知らないと絶対に混乱するから!(笑)

僕も、おまわりさんに怒られへんのか???って思いながら車走らせましたもん。

絶対に、ヨソ者にはわからへんから!!

 

どういうことかというとですね、

片側2車線、つまり反対車線も合わせて合計4車線の広い道路で日曜市はやってるんです。

そのうち片側2車線を完全に封鎖するわけです。

 

と、どうなるか?

普段は交互通行ができる道路が、一方通行になるんです。

ここまでは普通ですね。

片側2車線が完全に封鎖されるんだから、どちらか一方だけ通行可能と思うでしょ??

 

ところが違うんです!!(笑)

なんと!封鎖していない2車線を日曜市の時だけ、1車線ずつ交互通行するわけです。

つまり、反対車線を完全に逆走せなあかんのです。(笑)

わかりますかねえ。このおもろさ。そして、この怖さ。

 

高知県民は、やることが大胆です。

地面に書いている「右折車線」「直進車線」とかの矢印なんて、完全無視です。

だって、反対向いているんだもん!

 

もうね、知らないから怖くて怖くて。

これを読んだ、あなたはラッキーですよ。

「あ。それOKなんや!」って知ってから行けるんですから!

【広告】

肝心の日曜市はというと・・・

高知県の農家の方、漁業の方、生花、いろんなお店が出ていました。

こりゃ楽しいはずですわ。

 

ただ単に見て回るというよりも、地元の方々とお話をさせていただきながら

特産品のいいところを教えてもらいながら、時には試食もさせてもらいながら

楽しく地元の方とふれあいができる場だということですね。

 

どんなものが並んでいたかというと・・・

土佐の日曜市 干物たち

干物たち

 

土佐の日曜市 野菜たち

野菜たち

 

土佐の日曜市 芋けんぴとかつお生節

芋けんぴとかつお生節

 

これらはほんの一例ですのでね、ぜひ一度足を運んで体感してみることをオススメします!

雨だったけど、結構な人がいましたよ!

まとめ

高知の日曜市の開催場所は、ひろめ市場を目指していけば大丈夫です。

ひろめ市場の前から始まっている感じですから。

 

ほんとにたくさんのお店が出ていますから、

半日くらいはぶらぶら歩きながら、お土産のお買い物が楽しめるんではないでしょうか。

 

何よりも地元の方の優しさに触れるいいチャンスです!!

    【広告】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ランキングに参加しています

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

アーカイブ