頭で覚えていることを整理して、『頭は空っぽ』にするためのブログです

エレコムルーターWRC-1900HBK-Aを購入した3つの理由とは?

エレコムルーターの箱
【広告】    

つい2、3日前ですが、エレコムのルーターWRC-1900HBK-Aを購入しました。

前のルータがIO-DATAのAirportだったんですが、7、8年前の製品でして、

802.11bと11gしか対応しておらずWifi速度が問題だったんですよ。

 

まあそれでも我慢しながら使っていたんですが、

Wii UとかDSとかテレビ、さらには前回の記事でレビューした新しいプリンタまでも

Wifiにつながるようになりましたので、もう買い換えようかなとなったんですね。

 

というわけで、新しくなったルータがどれくらい速くなったのか

レビューしたいと思います。

製品の概要と同梱品

では、早速、中を見てみましょう。

箱に入っているものは、これで全部です。

エレコムルーターの箱(開封前)

開封前の箱(クリックで拡大)

 

エレコムルーター同梱物一式

エレコムルーター同梱物一式(クリックで拡大)

 

本体が意外と薄くてビックリです。

正面から見てみますか?(笑)

エレコムルーター正面から見たところ

正面から見たところ(クリックして拡大)

 

ね?かなり薄いでしょ?

体感できるほどスピードが速くなった!

実際に買い替えて、速くなったのかというと、速くなりました。

ベンチマークをとっていたわけではないので、あくまで体感です。

嫁さんも速くなったと感じているので、まあ間違いはないでしょう。

 

例えば、Yahoo!のトップページの表示が

以前は1つ1つの画像がタラタラ表示されていたのが、

買い替え後は、パッと一瞬で表示されるようになったことから

そう感じているのです。

 

ただですね、うちの場合は、かなり古い機器をつかっていたし

ケーブルテレビのモデムも遅いスピードのままだったので

最大速度が10Mbpsだったのです。

それが、400Mbpsまで上がったのだから、そりゃ速く感じて当然です。

 

インターネット回線の速度決定には、いろんな要因がありますので

1つ1つクリアしていかなあかんわけですね。

コチラの記事で回線速度決定の3つのチェックポイントについて

詳しく解説していますので、よかったら参考にしてください。

⇒ インターネットの速度を速くするためにやるべき3つのこととは?

【広告】

今、買うなら5GHz帯域に対応している機種がおすすめ!

ネットワークのスピードなんてものは日進月歩です。

10年くらい前までは、会社のネットワークでも「10BASE-T」とかいうて

10Mbpsの速度がまだ使われていました。

 

それが今はどうでしょう?

家庭でさえ光回線が入って、今やギガビット通信の時代です。

 

今は家にきているインターネット回線がギガビットでなくても

いずれ周りの人の話とか、もっと速い回線に替えたいとか思うに決まっています。

そんなとき、ルーターがギガビットに対応していないと

いくら回線を早くしてもルーターとPCの間の速度が遅いままという事態になります。

 

だから、ルーターを買うときはギガビットに対応した

11ac規格対応のルーターを買うべきです。

まだ2.4GHzしか使えない機器もある

とはいえ、ゲーム機器やPCなどの端末が5GHzに対応していないものが

家の中にあるでしょう。

だから、5GHzと2.4GHzの両方に同時に対応できるルーターを選ぶべきです。

将来、新しい機器を購入したら5GHz帯を使うように設定していけばいいですね。

 

というわけで、5GHzと2.4GHzの両方に対応したルーターを選ばないと

今持っている機器が使えない、あるいは性能をフルに活かせないということになりかねません。

ゲストSSIDは意外と便利だぞ!

ここまでの条件を満たすルーターは、エレコムかIO-DATA、バッファローの

最上位モデルあたりになってきます。

それでも価格は1万円前後。

NEC製品は、同じ機能で倍近くの価格でしたから却下しました。

 

で、その中でエレコム製品にした決め手は、ゲストSSIDが使えるということだったんです。

これは、持ち主がメインで使うSSIDの他に

お客さんが来たときに使ってもらえるSSIDがあるということなんです。

もちろん、パスワードも別に設定できます。

 

お客さんにもWiFi使わせてあげたいけど、パスワードが漏れるの心配だから嫌だ

ということありますよね。

そういうときにゲストSSIDを使ってもらってください。

 

万が一、パスワードを変更する必要があっても

ゲストSSID側のパスワード変更だけで済み、メインSSIDはそのままでOKです。

だから、家中のWiFi機器のパスワードをイチイチ変える手間がかからないというのが

大きなメリットなのです。

まとめ

新しく買ったエレコムのルーターですが、

買うときにチェックしたポイントをあらためて挙げておきます。

● 11ac規格に対応したギガビットルーターであること

● 5GHzと2.4Ghzの両方に対応していること

● ゲストSSID機能があること

 

大きくは、この3つですかね。

ルーターは頻繁に買い換えるものではないので、

その時の最上位機種を買っておいた方がいいでしょう。

それでも、数年後には機能不足ということになりかねないのですから。

 

 

 

    【広告】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ランキングに参加しています

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

アーカイブ