頭で覚えていることを整理して、『頭は空っぽ』にするためのブログです

確定申告の時期です!2016年の期間とe-taxを簡単にすませる方法とは?

確定申告 記入する人
【広告】    

確定申告の期間は、2016年2月16日~2016年3月15日の1か月間となっています。

私自身は、確定申告は2回ほどやったことあるのですが、

いずれも税理士さんにお願いしていたんですね。

父親の確定申告と一緒にやってもらったんですよ。

 

でも、ITが進んでクラウド全盛の時代となり、

国税庁もe-taxなるものを導入したんですね。

 

ところがどっこい、さすがお役所!!

めっちゃ使いづらいらしいです。(笑)

そこで、今回はめんどくさい確定申告、めっちゃ使いづらいらしいe-taxを

簡単に済ませてしまう方法をご紹介しておきましょう。

確定申告のプロ、税理士もお手上げ??

確定申告のことは私もあまり知らないので、ちょっと調べてみたんですよ。

 

そしたら、

ある税理士事務所のHPで

「確定申告初心者とパソコン素人は手を出すな!」って書いてました。(笑)

 

どんだけ使いづらいねん!!

 

と、ツッコミつつ、やはりこれは何か解決方法を見つけないといけないなと思ったわけです。

そして、これはブログで書かなあかんやろとも思ったわけです。(笑)

絶対に困る人が出てくると思うんですよ。

税理士さんが止めておけって言うくらいですからね。

【広告】

目には目を、歯には歯を

というわけで、e-taxをカンタンにするためには、

やはりシステムを導入するのが一番だろうと思い、探してみました。

 

システムだったら納税のルールとか法律のことも仕様に入っていますし、

データをそのままe-taxに乗っけてくれるはずですからね。

しかも、クラウドのシステムだったら、いつでもどのPCやスマホからでもアクセスできます。

便利な時代になりましたね。

 

そもそもですよ、

確定申告の書類の書き方とかややこしいんですよ。

素人には難しすぎる。(と、感じる)

だから、税理士さんのようなプロにお任せするんですが、

費用が高いのが難点ですね。

 

そういうメンドクサイことを一気に解決してくれるのが

クラウド会計システムというわけです。

日々、データを入力しておいて確定申告の時期に整理して

e-taxへシステムから流してもらう。

 

これが一番簡単で安上がりな確定申告の方法だと思うんです。

どう思います?(笑)

クラウド会計と言えば、これ

では、クラウド会計システムにはどういうものがあるのでしょうか。

これも調べてみると、概ね3つのクラウド会計システムのいずれかが使われているようです。

 

・ MFクラウド

・ freee

・ 弥生

 

私は、MFクラウドを使っています。

とりあえず副業のビジネス関係の支出と収入はつけておこうと思って。

収入を投資に回したいということもあり、収入金額を把握しておきたいし、

いずれ確定申告が必要なときに使えるやろと思いましてね。

 

副業やっている人とか個人事業主の方は、絶対にクラウド会計で日々の会計を

つけておかないと、あとでえらい目に合うと思いますよ。

なので、今すぐクラウド会計を使って会計帳簿を作っておいてくださいね。

クラウド会計を比較してみよう!

さて、どのクラウド会計を選べばいいのでしょう?

簡単に比較してみましょうか。

 

MFクラウドfreee弥生
URL MFクラウド確定申告freee やよいの青色申告 オンライン
プラン
/料金
  • ライトプラン
    1,980円(月額)
    21,780円(年額)
  • ベーシック
    2,980円(月額)
    32,780円(年額)
  • お試し
    0円
  • 個人事業主
    980円(月額)
    9,800円(年額)
  • 法人
    1,980円(月額)
    19,800円(年額)
  • 無料体験
    0円
  • セルフ
    0円(初年度)
    8,640円(2年目以降)
  • ベーシック
    6,480円(初年度)
    12,960円(2年目以降)
自動仕分け対応 対応対応
その他複数名で管理可能他サービスからの
乗り換え代行あり
3つの中で
最も安い

 

正直、どれがいいってのは個人の好みだと思うんですよ。

でも、自分にとってどれが一番使いやすいか?という観点で選んだ方がいいです。

 

毎日とは言わなくても月に1回は使うソフトです。

ソフトはただの道具ですから、道具を使うのにストレスを感じるようじゃダメですよね。

道具でチャッチャッとめんどくさい作業を終わらせたいんですから。

 

だから、

無料で体験版を使ってみてください。

それで合うかどうか、必ず自分の感覚で確かめてください。

 

ちなみに、私はfreeeを最初使いました。

でも使い方がよくわからなくて、全然作業が進まなかったんです。

そこで、MFクラウドに変えてみたところ、ものすごく使いやすく感じたんです。

それから1年はずーっとMFクラウドを使っています。

まとめ

かなり記事が長くなったので、ポイントを5つにまとめておきますね。

● 2016年の確定申告の期間は、2月16日~3月15日の1か月間
● e-taxはわかりにくくて難しいらしい(税理士さんによると)
● クラウド会計を使えばe-taxも簡単にできるようになる
● クラウド会計ソフトは、紹介した3つのいずれかが使用されていることが多い

 

どれを選ぶかは、体験版を使って使いやすいものを選んだ方がいい

以上となります。

ぜひ、クラウド会計で確定申告を簡単ラクラクで済ませてくださいまし!

    【広告】

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ランキングに参加しています

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

アーカイブ