頭で覚えていることを整理して、『頭は空っぽ』にするためのブログです

親子丼をどうしても食べたい!と思って入った店が意外と!!

どんぶり子店の入り口
【広告】    

最近、東京へ行くことが多かったので、

東京駅のネタが必然的に多くなっていますが、また東京ネタです。(笑)

 

家で丼ものを食べることが少なくなって、なんかどうしても丼が食べたいなあと思い、

東京駅をフラフラと歩いていたら、あるもんですねえ。

どんぶり屋さん。

 

今日はここだ!と、すぐに決めて入ってみたんです。

すると・・・。

「どんぶり子」というお店

東京駅1Fのキッチンストリートにある「どんぶり子」。

親子丼だけではなく、いくつかの種類の丼があるみたいで、

カウンター席がずらりと並んでいるお店です。

1人でも入りやすい雰囲気のお店ですね。

 

で、親子丼にしようと思ったのですが、

親子以外にも炭焼きチキン丼、荒挽きそぼろ丼などがあったんですね。

メニューを見ていると、他の丼がおいしく見えてきたので、

わがまま二色丼を注文してみました。

【広告】

わがまま二色丼が運ばれてきた

しばらく待っていると、やってきました。

こんな感じの丼です。

どんぶり子の二色丼

クリックして拡大表示

 

焼き鳥とそぼろの二色丼。

肉好きの私としては、捨てがたい一品でした。(笑)

 

早速、いただいてみます。

「パクッ!」っと一口。

 

ちょっと味が濃い。

でも、タレはおいしい。

焼き鳥のタレ、あのままの味という感じでした。

 

一方のそぼろですが、

荒挽きというだけあって、食べ応えがありました。

結構ですね、そぼろの粒が大きいんですよ。

それだけしっかりとした歯ごたえがあるということですよ。

お腹は満足

このわがまま二色丼ですが、ご飯が多いのでこれだけでお腹いっぱいになりましたね。

そして、丼には鶏がらスープと漬け物がついてきます。

スープは、鶏ガラの味がしっかり出ているが、ややしょっぱかったです。

 

もう少し味を薄くしてもいいんじゃないかなと思いました。

丼のタレも味が濃かったので、全体的に濃いめに作っているんでしょうね。

しっかりとした味になるように。

 

ちなみにですね、お持ち帰りもできるようです。

新幹線に持って行って食べるのもいいかもしれません。

が、やっぱり店でスープと一緒にいただくのが、おいしいでしょう。

わがまま二色丼のお値段

さて、気になるお値段ですが、

なんと! 1200円!!

 

やっぱり高いです。

高いよ、東京。

 

もちろん、駅構内ということもあるんでしょうけど、

もう少し安くしてほしいなあと思いつつ、

最後まで完食するのでありました。

 

東京駅に行ったときは、ぜひ探してみてくださいね。

    【広告】

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ランキングに参加しています

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

アーカイブ