頭で覚えていることを整理して、『頭は空っぽ』にするためのブログです

弁護士や税理士など士業もブログで集客する時代!!

六法全書 青
【広告】    

いまやインターネットは集客の場所として無視できない存在になりました。

それは、どのような業種であっても同じです。

弁護士、税理士、建築士などの士業も例外ではないでしょう。

 

士業の事務所がブログを使った集客するメリットを考えながら、

どんなコンテンツが欲しいと思うのか利用者目線で考えてみたいと思います。

なぜ、インターネットで集客なのか?

今の時代、テレビや新聞、雑誌から得た情報であっても

インターネットで検索して調べるということは、ほとんどの人がやっているでしょう。

 

弁護士事務所の宣伝としては、過払い請求の件が最近すごく増えているように思います。

社会問題にもなった事案ですから、啓蒙活動という意味でも宣伝は効果があると思います。

 

ただ、利用する側から言わせていただくと、

「この弁護士事務所は信用できるのか??」

と思ってしまうのです。

 

はたして、どんな事務所でどれほどの規模で、過去にどれほどの実績があるのだろうかと。

他にも相談するだけお金が必要になるんじゃないかという不安、

過払いが戻ってこなくても弁護士料金が取られるんじゃなかという心配があります。

 

こういった不安や心配があるために、検索して先にいろんな情報を得ようとするのが

利用者の心理ではないでしょうか。

私ならば、必ずそのようにするはずです。

そして、ここなら相談できるなという確信を得てから、実際に相談に行くと思うのです。

【広告】

ブログで安心と信頼を築く

今の時代、利用者の多くは同じような感覚を持ち、そしてインターネットで検索するでしょう。

もしそんなときに、その事務所のサイトが見つからなかったとしたら、

利用者はすごく不安になるのではないでしょうか。

 

そういう不安を払しょくするために、今や企業サイトを持つことは必須と言えるでしょう。

そして、ブログを持つメリットというのは、企業活動の中から得られた知見やノウハウを

コンテンツとして発信することで信頼感を得てもらうことができることです。

 

「あ。ここの事務所は、いろんなこと良く知っているな」

「過去にも似た事案があったから、きっと解決してくれるだろうな」

そういう安心感を与えることができるのは、ブログでコンテンツを発信しているからです。

 

私もいろんな企業サイトから情報を得ていますが、

コラムやノウハウ的なコンテンツを掲載している企業には

「さすが、その道のプロだなあ」と感心させられることがしばしばです。

これはコンテンツを発信していなければ、知ってもらえることはないことですよね。

働く人の顔が見える方がいい

もう1つ、重要な要素としては、働いている人の顔が見えること。

家電量販店にいくと、お店の入口に従業員の顔写真と一言が添えられた

メッセージボードが置いてあることが、よくあります。

 

これは働いている人がどんな人で、どんなことに興味を持ち、

どんな考えでお客様に接しているかを知ってもらい、

親近感や信頼感を与えることに一役買っているわけです。

 

これと同じように、顔が見えない企業よりも顔が見える企業の方が安心できますよね。

士業も接客なのですから、働く人の紹介をしているサイトの方が

信用できるなあと思うのが利用者心理ではないでしょうか。

TCD031「LAW」なら完璧

ここまで書いてきたようなサイトを1から作っていくと大変時間と手間がかかります。

だからWordpressのようなブログをベースとしたサイトを作るべきなのです。

フレームワークは、Wordpressが作ってくれるのでコンテンツを作ることに専念できるからですね。

 

さらに、TCDシリーズの「LAW」というテーマを採用すると、

何にも考えなくても、士業に必要な上に書いたような要素を自動的に作ってくれます。

まさに士業のためのブログテンプレートというわけです。

 

どんなサイトができあがるのかというのは、こちらのサイトを見てください。

百聞は一見に如かず。

見てもらえれば、どんなにすごいサイトができるかわかります。

⇒ 弁護士・税理士などの士業のためのWordpressテーマ「LAW」

 

他社との差別化をするのであれば、ブログコンテンツを発信できるサイトが

絶対オススメです。

その企業のノウハウがそのままコンテンツになり、他者より優れた点になるのですから。

 

▼ WordPressテーマ一覧ページに戻る

    【広告】

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ランキングに参加しています

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

アーカイブ