頭で覚えていることを整理して、『頭は空っぽ』にするためのブログです

たまゆらの里コテージの全貌を徹底レポートします!!

たまゆらの里コテージ
【広告】    

たまゆらの里施設全体の様子を前回の記事では書きました。

今回は、コテージの内部に迫ってみたいと思います。

宿泊施設としてのコテージは、家族連れにピッタリだと思いますよ!

たまゆらの里101号室の全貌!

今回泊まったのは、101号室の部屋です。

外観は少し古びた感じがしますが、中に入ったらキレイで豪華!!

玄関から入って廊下を進むと部屋があります。

たまゆらの里101号室部屋の中

101号室の部屋

 

奥にはバーベキューテラスがあって、夕食はここでバーベキューをしました。

このテラスは屋根があって、わりと広い感じで家族4人だったら充分の広さでした。

たまゆらの里101号室バーベキューテラス

バーベキュー炉

 

隣の102号室とかだったら、テラスがないんですね。

部屋の外でバーベキューができるようになっているんですが、

私たちが泊まったときみたいに大雨になったら・・・目も当てられません。(笑)

 

その点、屋根がついているというのは、とても安心できますよ!

102号室のお隣さんは大雨の中、どうやってバーベキューしたんだろう??って、

ちょっと気の毒でしたね。

 

そして、101号室はですね、岩盤浴と内風呂がついています。

部屋によっては内風呂がないところもありますので、要チェックです!

【広告】

子供たちの秘密基地

101号室にはロフトがついています。

たまゆらの里101号室ロフト

ロフトスペース

 

私も子供の頃、屋根裏部屋みたいな小さなスペースは秘密基地みたいで

なんだかワクワクしたもんですが、うちの子供も同じでした。(笑)

 

ハシゴを上ったところにベッドが3つ置いています。

子供たちは、そこでワーワーキャーキャー言いながら寝てました。

なお、このハシゴはかなり急になっていますので、お子さんは注意してあげてください。

たまゆらの里101号室ロフトのベッド

ロフトに置かれたベッド

 

ただ、1つだけ問題というか注意点があります。

エアコンは、ロフトの高さより低い位置に設置されています。

そのためエアコンの冷気がロフトまで上がってきません。

 

室内の空気循環器もないので、どんだけ冷やしてもロフトの部分はすごく暑かったです。

夜になるとエアコンなしでも寝られるくらいまで気温が下がるので

寝る時には問題なかったのですが、昼間はロフトでいると暑いと思います。

そこは1つ残念なポイントでしたね。

キッチンも完備!

あとは、キッチンですね。

食器類、包丁、ポット、炊飯器といった調理器具は最低限のものがそろっています。

ですので、料理をしようと思えばできます。

たまゆらの里101号室キッチン

キッチン

 

たまゆらの里101号室ポットと炊飯器

ポットと炊飯器

 

 

冷蔵庫も大きいので食材を買ってきて冷蔵できますし、

保冷剤とかどっさり持ってきてても、全部凍らせて次の日も安心です。

まとめ

今回私たちが宿泊したたまゆらの里の101号室の中の様子をレポートしました。

人気の部屋は、110号室、111号室らしいです。

部屋の造りが魅力的なうえに、バーベキューのテラスも広いですからね。

 

たまゆらの里には、いろんなタイプの部屋がありますので

お気に入りを見つけてくださいね!

次回は、コテージ宿泊の大きな楽しみのバーベキューと朝食のお話です!

<<< 施設概要編食事編 >>>

たまゆらの里予約はコチラ!

    【広告】

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ランキングに参加しています

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

アーカイブ