頭で覚えていることを整理して、『頭は空っぽ』にするためのブログです

Acase Stylus (タッチペン) ブルーはかなり使いやすかった

【広告】    

先日、初めてタッチペンを購入しました。

前々から、要るかなあ??と思いながら、まあ手でもええやろと思っていたのですが、

Acaseのタッチペン ブルーをとうとう買いました。

というわけで、実際使ってみてどないやねん??ということをレポートしたいと思います。


Acase Stylus iPad / iPhone / iPod touch / Galaxy / Xperia 用 タッチペン ブルー

購入したキッカケ

タッチペンを買おうと思ったキッカケは、

Evernoteの周辺アプリ「Penultimate」を使い始めたからです。

Penultimateは、手書き入力できるソフトです。

 

アイディアを書きなぐったり、図形や絵を交えながらアイディアを書き出すときは

ペンとノートを使っているのですが、どうしても手元にないことがあります。

そんなときの代わりにと思ってPenultimateを入れてみたんです。

 

すると、意外と使い勝手がよさそうだったので、使い続けようと思いました。

こうなると指で書くのは、疲れるし痛くなるということがあり、

こりゃタッチペン要るなあとなったわけです。

【広告】

タッチペンがやって来た

箱に入った状態はこんな感じです。

開封前のタッチペン

大きさはiPad2と並べてみました。伝わりますか?iPadと比較あと、持った感じはこんなのです。

タッチペン持った時

使ってみた感想

タッチペンは、どれくらい本物に近い感覚で使えるかが使用感のポイントだと思います。

その点では、90点くらいと言えます。

線を書いているときのなめらかさと筆圧に関しては申し分なしです。

 

一番気にしていた画面上でペンを走らせたときにひっかかる感じがあるかも?

という点ですが、まったく問題ありませんでした。

引っかかる感じは、一切せずとてもなめらかな書き味を実現してくれています。

 

また、さきっちょがゴムになっていて押さえるとへっこむようになっています。

そこが多少の筆圧の変化を吸収してくれるという感じでしょうか。

これも実際のペンと変わりない書き味に貢献していると言えると思います。

細かいけどありがたい、この機能

イヤホンジャックに差すことができるストラップが付いていることです。

正直言って、どっちでもいいかなあと思っていましたが、

これはかなり重要なポイントだと使って初めてわかりました。

 

イヤホンジャックに差しておけば、なくなる事もないし

iPad/iPhoneと一緒にしまっておけます。

だから、次使うときもササッと取り出せて、パッと使えてスマートです。

減点した理由は?

減点した理由は、さきが丸くなっている構造なので、

どこが画面と接触しているのかわかりにくいということです。

 

これは、この商品に限らず静電型のタッチペンは、ほぼこの作りなので

タッチペンとしては仕方ない部分でもあると思います。

しかし、本物のペンと比べてどうか?という観点では、減点になりました。

まとめ

タッチペン特有の仕様で減点はあるものの、全体としてはとても使いやすい製品と言えます。

そこはどのタッチペンでも同じなので、実質的には満点と言っていいと思います。

 

指への負担もなくなるので、iPad/iPhoneを使うときのストレスが軽減されました。

iPadなどのタブレットを使っている方は、1本持っていてもいいのではないでしょうか。

 

by カエレバ

 

    【広告】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ランキングに参加しています

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

アーカイブ