頭で覚えていることを整理して、『頭は空っぽ』にするためのブログです

京セラドームのネット裏ラウンジ座席を徹底レポートします!!

京セラドームラウンジ⑤
【広告】    

京セラドームのバックネット後方上部に設けられているラウンジシート。

オリックス主催のときは、ネット裏ラウンジとして使用されているようですが、

阪神主催のときは、若干サービスが違うみたいです。

 

ラウンジの中に入ると、横長の広いスペースにいろんな座席がありました。

今回は、その座席を徹底的にレポートします!

1人やカップルにオススメのカウンター

まずは、ラウンジエリアに入ってすぐにあるカウンター席。

京セラドームラウンジ⑤

ガラス越しに観戦できるカウンター

 

ガラス越しではありますが、球場全体が見えるなかなかの席です。

グランド側の指定席が狭いとか、窮屈だという場合には、

こちらでのんびりと見るのもいいでしょう。

 

何より、前を遮るものがないので、眺めがすごくいい。

前のお客さんが邪魔で見えない!ということもありませんね。

ただし、ガラスなのでグラウンドの音はほとんど聞こえず、

臨場感がまったくないというのが欠点です。

バーカウンターもあるが・・・

ガラスに向かっているカウンターの真後ろには、バーカウンターがあります。

京セラドームラウンジ④

バーカウンター

 

このカウンターの端っこでビールを入れてくれるので

飲む分には、申し分のない座席ではあるのですが・・・。

 

まったく野球が見えない!!(笑)

 

だって、グラウンドに背を向けて座る格好になるわけですから。

野球場に来て、野球が見えない座席に座ることはないでしょう。

モニターも何もありませんから。

まあ、攻守交代の合間に少し座ってゆっくりという感じですかね。

 

実際に使っている人は、まったく見かけませんでした。(笑)

【広告】

少人数用の座席がいくつかある

グラウンド側の座席があって、ラウンジ内の通路があって、その奥に座席が設けられています。

ここは2名~4名程度で使える座席がいくつか置いてあります。

京セラドームラウンジ①

少人数用座席①

 

京セラドームラウンジ③

少人数用座席②

 

ここは落ち着いて座れますが、奥にある座席なので

席についたまま野球は見られません。

 

それでも、座席①の方であれば、前はテラス席なので

球場の歓声がワーッと聞こえてきます。

そのとき、サササーッと前に出てきてテラスから見れば、

なんとか観戦できなくはないです。

 

あとは、前に出てきて立ち見するとかですかね。

最高の座席はテラス席!!

ラウンジでゆったりと”観戦”をするならば、

絶対に抑えなければいけない座席は、テラス席です。

球場の音がきちんと聞こえて、グランドがしっかりと見える座席は、テラス席しかありません。

 

しかも、テラス席は限られています。

京セラドームラウンジ②

2名がけのテラス席

 

上野の写真は、2名がけのテーブルが6つ置いているテラス席です。

2列になっていますので、当然グラウドに近い側がオススメですが、

2列目でもなんとか見える感じです。

4人だったらテーブル2つ使ってくっつければいいと思います。

 

そして、最もオススメの座席がこちら。

京セラドームのテラス席

4人掛けのテラス席

 

最高です。

このタイプの座席は3セットあります。

その3つのうち、ここは最もイケテナイ座席です。

 

なぜなら、真ん前にテレビカメラとクルーがいてるから。

ちょうどええところが見にくい感じになってしまうんです。どうしても。

こんな感じでね。

京セラドームラウンジテラス席の眺め

カメラクルーに隠れてしまう・・・

 

そこだけが辛いところですが、逆に言えばそれだけ我慢すれば、これほど最高な座席はない!

テーブルで優雅に飲み食いをしながら、野球が見られる。

しかも暑い夏でもエアコンが効いてて涼しい。

 

ということで、私たちが座った座席が一番良い席だと思うわけです。

ラウンジの良い座席を取るために!

ラウンジの座席は、全て自由席。

つまり、早いもの勝ちなのです。

 

だから、どうやって座席を確保するかということが問題になります。

次回は、ラウンジのテラス席GETのための攻略法をお教えしましょう。

皆に知られてしまうと、座席が取りにくくなって困るかも(?)しれません。(笑)

<<< ラウンジ紹介ラウンジ攻略法 >>>
    【広告】

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ランキングに参加しています

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

アーカイブ