頭で覚えていることを整理して、『頭は空っぽ』にするためのブログです

USJリアル脱出ゲーム「デスノート・ザ・エスケープ」に子供は参加できるのか!?

事件現場13
【広告】    

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)では、

デスノート・ザ・エスケープというリアル脱出ゲームをやっています。

これがめっちゃめちゃおもしろい!ということで行ってみたかったんです。

 

でも、うちには子供がいまして、はたして子供が参加しても大丈夫なんだろうか?

と不安がありました。

実際、子供を連れて行ってきましたので、レポートしておきます。

子供を参加させることに不安になる理由

まず、そもそも子供を参加させることに「大丈夫かなあ?」って思う理由としては、

デスノートのストーリーがグロテスク、ホラーの要素があるからです。

リアル脱出ゲームの公式サイトでは、このような注意書きがあります。

このアトラクションは、4階建ての施設内を巡りながら、

謎を解きながら進む、「リアル脱出ゲーム」です。

一部ホラー・コンテンツを伴います。

一部、グロテスク・過激な表現を含むため、小学生以下の体験はおすすめしません

小学生以下のお子さまの体験は保護者の責任のもとご判断ください(4歳以上有料)
※ホラーコンテンツが苦手な方は体験をご遠慮ください
※アトラクション内では他のゲストに注意して行動し、過剰な反応はお控えください。

引用元: 「デスノート・ザ・エスケープ」公式サイトから

 

この「グロテスク」や「過激な表現」がどこまでのものかということがポイントですよね。

親としては、子供に刺激が強すぎるものは止めさせたいし、

かと言って、子供たちも(特に、長男は)行きたいと言っているし、

判断がつかないわけです。

 

まあ、アトラクションの1つだから、そこそこ節度は守っているだろうということで

子供2人連れて家族4人で参加してみたというわけです。

【広告】

目の前で繰り広げられる光景にショック!

当然、私たち親もストーリーを知りませんから、何がどのように過激なのか一抹の不安はありました。

まあでもゲームを楽しもうと思っていたわけですが・・・。

俳優さんたちの演技が迫力ありすぎて、少しパニック気味です。

小3の長男と小1の長女がいますが、長女の方が怖がっていました。

 

「これはドラマやで」と話してあげると、

ようやく理解していた様子で落ち着いてくれました。

 

もちろん、大人ならこれから始まるゲームへの期待感が膨らむところですが、

子供には少し刺激が強いようです。

演出で恐がることも・・・

ゲームが始まると、謎解きを一緒に楽しむ余裕は出てきます。

このあたりは、子供も一緒にワイワイと楽しくできます。

ただ、いくつかの場所で演出をしてくれているのですが、

ここでも怖がっていました。

 

まあ、ここは大人でもビビッて怖がっていたので

子供だけではないですけどね。(笑)

デスノートを信じこんでしまう・・・

そして、デスノートって何?って聞いてくるわけですよね。

ゲームが始まる前に。

で、それを説明する。

それからオープニングのショッキングな光景でしょう?

純粋な子供なら現実にも起きるって信じてしまうでしょうね。

 

つまりですね、目の前で演技されていることが

現実のこととして理解してしまうということが

一番、子供にとって恐い部分なのだと思います。

まとめ

結局、グロテスクとか過激な表現というのは、

怖いことが目の前で起きてそれを体験してしまうことにあるわけです。

 

例えば、テレビで見るのとでは違うでしょう。

自分がその場にいて”体感”してしまうわけですから。

そこをわかったうえで子供を参加させるならばいいのではないでしょうか。

詳しく書くとネタバレになるので書けませんが、そのあたりを考えてあげてください。

 

ただ、大人が必死になってしまうくらいのゲームですから

子供には難しすぎるということも付け加えておきます。

    【広告】

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ランキングに参加しています

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

アーカイブ