頭で覚えていることを整理して、『頭は空っぽ』にするためのブログです

ホテルルートイン五反田のアクセスは最悪なのか!?

ホテルルートイン五反田玄関
【広告】    

今回の東京方面への出張では、ホテルルートイン五反田で宿泊しました。

どのクチコミを見ても「駅から遠い」と書かれるほどアクセスは不便です。

それでも宿泊している人は多いのです。

 

では、どこに魅力があってみなさんが泊まろうとするのか?

その点についてレポートしておきたいと思います。

立地は最悪??

これまでいくつものホテルに泊まってきました。

過去のホテルレビュー記事読んでもらったらわかりますが、

駅から徒歩5分以内のところにしか泊まってきませんでした。

 

確かに立地は悪いです。

ホテルの公式サイトに書いてるとおり、実測しても五反田駅から徒12分というアクセスです。

しかも周辺にはコンビニが2件ほどあるだけで

食事をするところは見当たりませんでした。

五反田駅の方まで歩いて行かないと食べるところもないという場所なんですね。

 

それでも今回ここに泊まってみようと思ったのは、大浴場があったからです。

都心にあるホテルで大浴場を備えているのは、

思い出す限り、スーパーホテルだけではないでしょうか。

大浴場が最高に気持ちいい!

ビジネスホテルに泊まって大浴場に行ったことはありませんでした。

でも、たまには違うことをやってみようかなと思い、

大浴場を使ってみました。

 

まず、入ってビックリするのがその広さです。

すんごい広いんです。

横長の浴槽が1つなんですが、だいたい3~4mくらいかな?

ちょっと感覚がアレなんですが・・・。(笑)

 

ビジネスホテルっていうと、部屋にある狭い小さいユニットバスで

シャワーだけというパターンじゃないですか。

それが手足を思いっきり伸ばして入れるっていうのは、気持ちいいんです。

 

しかも、観光目的のホテルじゃないですから、全員が大浴場には来ないと思うんですよ。

つまりですね、浴室がすいているということです。

実際、私が入った時も4~5人くらいしかいませんでしたからね。

広いお風呂を独り占めって感じです。

 

確かにね、ここの大浴場は行ってみる価値アリ!!

と、思いました。

【広告】

部屋も広くてキレイ

1人でツインの部屋に泊まったんですが、広い!

まあ写真を見てくださいよ。

これまで泊まってきた部屋に比べて広いし、ソファがあるってのがいいじゃないですか。

ホテルルートイン五反田部屋の中

ツインルームの広い部屋!

 

ホテルルートイン五反田部屋の設備

部屋の設備

 

あと、特徴的なのが洗面所が独立していることですね。

ユニットバスにしか洗面所がないのが普通ですが、ここは外にあります。

細かいことですが、嬉しいことです。ハイ。

ホテルルートイン五反田洗面所

独立した洗面所

 

また、大浴場に行くときには、しっかりとしたスリッパを使ってください。

パジャマに着替えて館内を歩く時でも安心のスリッパです!(笑)

ホテルルートイン五反田部屋のスリッパ

大浴場へも安心して行けるスリッパ

朝食はバイキングで満腹!!

ホテルルートイン五反田をおすすめするとしたら、朝食もその理由の1つになります。

軽食しか出ないというホテルもある中、

こちらは朝からかなり豪勢なバイキングが楽しめます。

私が取ったのはこちらですが、メニューの一部であって他にもたくさん置いていましたよ!

ホテルルートイン五反田朝食

豪華な朝食

 

和食と洋食があるので、どちらでもお好きな方食べられます。

まとめ

確かに五反田駅からのアクセスは遠いです。

でも、それを補って余りある魅力があるのは間違いないですね。

大浴場と豪勢な朝食バイキングがそれです。

 

アクセスの悪さを補うためにホテルから五反田駅まで無料シャトルバスがありますから

その点もプラスポイントです。

さらに裏技ですが、ホテル近くのTOCという小さなショッピングモールがあって

そこから五反田駅まで無料バスが出ています。

これを使えば往復ともアクセスの悪さは解消できると思いますよ!

 

ぜひ、一度泊まってみてください!!

by トマレバ

 

 

2017/02/27 追記

ホテルルートイン五反田を出張時に使えるホテルかという観点で情報をまとめました。

その結果、他のホテルに比べてもかなり高い評価が出ました。

それくらい素敵なホテルです。

⇒ ホテルルートイン五反田の評価結果をCHECK!!

 

全国のホテル宿泊記一覧へGO!!

 

    【広告】

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ランキングに参加しています

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

アーカイブ