頭で覚えていることを整理して、『頭は空っぽ』にするためのブログです

龍神温泉の季楽里(きらり)龍神で宿泊して大満足でした!!

季楽里の玄関
【広告】    

この夏、和歌山県の龍神温泉に行ってまいりました。

今回は、2泊3日の旅行中だったので季楽里(きらり)龍神という宿に宿泊してきました。

子供2人の家族4人で非常に満足できる1泊でしたよ!

 

そして、子供が大喜びする、あのサービスもついていて最高でした!!

季楽里(きらり)龍神は龍神温泉中心から少し離れている

まずは、宿の場所を確認しておきましょう。

龍神温泉の元湯(いわゆる中心地)からは、少し離れた場所にあります。

以前、元湯にも行ったことがありますので、こちらの記事も参考にしてください。

 

さて、季楽里(きらり)龍神の場所はというと、こちらになります。

 

メインの道路から、ちょいと横道へそれるような感じで奥へ入っていきますが、

迷うことはないと思われます。

和室の部屋は十分な広さがある

家族4人で1室ということですと、他の宿に行ってもこれくらいの広さになりますね。

部屋には風呂はなく、温泉の大浴場に入ることになります。

季楽里の部屋の中

和室

 

この奥にテーブルと椅子が置いていて、その右側に冷蔵庫があるという感じです。

季楽里の部屋の中②

椅子とテーブル

 

特に、可もなく不可もなく、ほんとどこでもあるって感じの部屋だと思いません?(笑)

肝心の温泉は??

龍神温泉は、日本三大美人の湯の1つとされており、湯上りに肌がめちゃくちゃツルツルになるんです。

そして、そのツルツル効果は1日、2日は持続するというのが特徴でしょう。

めちゃくちゃ気持ちいいほどにツルツルになったんです。

特に、腕なんか自分で触っていても気持ちいいんですから。(笑)

 

こちらの宿の風呂は、室内と露天風呂があります。

やはり露天風呂に出るのが気持ちいいですね。

特に、朝に行くと太陽の光が差し込んでその中で入る風呂は最高!!

日陰がたくさんあるので眩しくもないんです。

ちょうど、陽の光を見られるけど、眩しくないっていう絶妙のポジションがあります。

 

うちの子供は、熱い風呂が苦手なんです。

40度を超えると熱い熱いって言って、すぐに上がりたがります。

そんな子供がじーっと入っていられるくらいですから、

湯温も高くなく、気持ちよかったんでしょうねえ。

【広告】

食事は豪華バイキング!!

温泉旅館でのもう1つの楽しみと言えば、そう!食事ですよね!!

季楽里龍神では夕食、朝食ともにバイキングでした。

夕食は豪勢でしたよ。

ほんの一部ですが、夕食のメニューをお見せしましょう!!

季楽里の夕食

夕食メニュー

 

どうです?豪華じゃないですか??

和歌山県ということで、ゴマ豆腐もありました。

わさびのツーンとした香りがゴマ豆腐に合いますね!!

 

他には、海の幸を使った刺身や寿司もありましたし、

天ぷらも目の前で揚げてくれて、アツアツサクサクでした。

うまかった!

子供たちが大喜びしたあのサービスとは?

さて、夕食が終わった後、子供たちが楽しみにしていたことというのは・・・

花火!!

 

そう、花火のサービスがあったんです。

旅館なので花火はできないだろうと思っていたんです。

というのも、ココに泊まる前日、たまゆらの里で花火をしようと買い込んでいたのですが、

大雨にあってしまい花火ができなかったんです。

 

子供たちは、当然季楽里で花火をしたいと言ったのですが、

旅館やからアカンよ~って言ってたんですね。

 

ところが、旅館の方から花火をプレゼントしていただき、

玄関で花火を楽しんでくださいとのことだったのです。

これには、子供たちは大喜び!!

私たち両親も子供の願いを叶えてもらって、ほんとに感謝でした!!

まとめ

季楽里龍神は、龍神温泉の旅館としては最高の部類に入ると思います。

都会の喧騒から離れて静かに入る温泉は癒されます。

 

また、旅館のサービスや気遣いが嬉しく感じられ、

非常に満足度の高い宿泊だったと思います。

龍神温泉に行くときには、ぜひオススメしたい旅館ですね!

by トマレバ

 

全国のホテル宿泊記一覧へGO!!

 

    【広告】

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ランキングに参加しています

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

アーカイブ