頭で覚えていることを整理して、『頭は空っぽ』にするためのブログです

Browser Shotsプラグインでスクリーンショットを取り込でみませんか?

【広告】    

WordPressのプラグインというのは、ほんといろいろあるもので

探せば何かしらヒットして「お~。すげ~。使いたい~。」というプラグインがたくさんあります。

 

最近導入した「Browser Shots」というプラグインも、それを知ってすぐに導入しました。

前は「BM Shots」という名前だった?

最初にこのプラグインは、「BM Shots」という名前で知りました。

どうやら以前は、「BM Shots」という名前だったようです。

現在は、「Browser Shots」です。

 

これが混乱の元でして、インストール直後は、うまく機能しなかたんです。

その原因は、プラグインを使用するときの構文を間違えていたことなのですが、

名前の変更とともに、構文の仕様も変わってきたらしく、

昔の構文で紹介されていたために誤った記述をしてしまいました。

 

最新の情報を得ておくことは大切だなと思いました。

というわけで、2013/05/04時点での最新情報として記述しておきます。

【広告】

プラグインはこちらからGET!

「Browser Shots」は、こちらの公式サイトからダウンロードできます。

そして、このスクリーンショットこそ、Browser Shotsで表示しているものです。

http://wordpress.org/extend/plugins/browser-shots/

なかなかよいでしょ? (^^;

 

文章だけだと殺風景になりがちですが、1枚画像を入れるだけで雰囲気が変わりますね。

プラグインの使い方

使い方はとても簡単で、スクリーンショットを挿入したい位置にこのようにコードを入れるだけ。
BrowserShotsコード

 

 

widthにスクリーンショットの幅をピクセル単位で指定して、

URLにスクリーンショットとして表示したいページのURLを指定するだけでOKです。

また、プラグインをインストールすると設定アイコンが追加されるので、それを使えばもっと簡単です。

BrowserShots設定アイコン

まとめ

Browser Shotsは、お手軽に他のページのスクリーンショットを入れられるということで

重宝しそうなプラグインです。

しばらくは使い続けそうな予感です。

    【広告】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ランキングに参加しています

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

アーカイブ