頭で覚えていることを整理して、『頭は空っぽ』にするためのブログです

iPhoneホーム画面で最適なアプリ配置 3か月後はどうなった?

iPhoneホーム画面①
【広告】    

3か月前にiPhoneのホーム画面に並べるアプリ配置をどうやっているかという記事を書きました。

⇒ iPhoneのホーム画面にアプリをどのように配置するのが最も使いやすいか考えてみました

 

予想以上に反響のある記事になっていて、ビックリしました。

でも、読んでいただけることに感謝しております。ありがとうございます。

で、3か月後の今日はどうなっているのか?紹介したいと思います。

アプリの戦力構想

まずは、アプリ配置の基準となっている戦力構想を定義しておきます。

1軍・・・毎日1回は必ず使うアプリです。このアプリがないと 生活ができない!というくらい使い込んでいます。

2軍・・・1週間に数回、あるいは特定の場面で必ず使うアプリです。

戦力外・・・もう使わないアプリ。削除することのできない標準アプリ。

 

インストールしているアプリは、上記の基準で振り分けることにしています。

【広告】

戦力ごとのホーム配置

1軍・・・1ページ目にドーンと並べます。毎日使うので最短でアプリを立ち上げられる位置に配置します。

     また、1軍の中でも超エリートの4つは、Dockに置いてどのページにいてもすぐに使えるようにします。

2軍・・・2ページ目から最終ページ手前までにジャンルごとに並べます。

戦力外・・・最終ページに並べます。もう使わないので、並べ方も適当です。(^^;

フォルダの使い方

以前は、1軍アプリにはフォルダを使っていませんでした。

フォルダの中に入れてしまうと、どのフォルダに入れたか忘れてしまって見つからなくなることを恐れたということと、

フォルダを開いてアプリに到達するまで2アクションかかるが嫌だったからです。

 

でも、1軍アプリも増えてしまいました。

そこで、絶対迷わない分け方をしました。

「Evernote」と「楽天」フォルダを作って関連アプリを入れるようにしたのです。

 

ポイントは、自分が絶対に迷わないフォルダ分けをすることです。

見つからない事態を避けたいので、絶対に迷わないと自信を持てるフォルダ構成にしました。

1軍アプリ(1ページ目)

というわけで、1ページ目はこんな感じで1軍アプリを集めています。

iPhoneホーム画面①

 

 

2軍アプリ(2ページ目と3ページ目)

2軍アプリは多めですね。

iPhoneホーム画面②iPhoneホーム画面③

 

戦力外アプリ

使わないんだろうけど、なんとなく消せないアプリや消したくも消せない標準アプリが押し込められています。

iPhoneホーム画面④

 

まとめ

置き方のポリシーは3か月前と変わっていませんが、1軍アプリが増えたことでフォルダを使わざるを得なくなりました。

毎日使うアプリは、やはり1ページ目に置いておくのが、最も使い勝手がよいのです。

瞬間的に立ち上げたいメモアプリやカメラアプリもあるので、絶対に迷わない1ページ目がベストです。

 

2軍以下は、まあ頻度的も少ないし、カメラのように起動が遅いからチャンスを逃すということもないので

それほど神経は使っていません。

今のところ、軽快に使える画面構成になっています。

 

ちなみに3か月前は、こんな感じでした。

⇒ iPhoneのホーム画面にアプリをどのように配置するのが最も使いやすいか考えてみました

    【広告】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ランキングに参加しています

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

アーカイブ